頭打ちとは?意味や使い方を解説。株や音楽、バイク用語としての使い方も!

言葉

頭打ちとは「物事が限界に達する」という意味です。

何か一つのことに打ち込んでも、才能やセンスの壁にぶつかることがありますよね。

そんな様子を頭打ちと表現します。

今回は頭打ちの意味や使い方、語源、類義語、対義語、英語訳を解説します。

「頭打ち」の意味

頭打あたまう

物事が限界に達する

例:彼の成長も頭打ちだろう。

「頭打ち」は、物事が限界に達するという意味が一般的ですが、以下の文脈においては特殊な使い方をします。

  • 金融
  • バイク
  • 音楽

ここでは、これらの文脈における「頭打ち」の使い方を解説します。

金融用語としての頭打ち

金融用語としての頭打ちは、商品の値段が上がりすぎて、限界に達した状態のことを指します。

証券など金融商品に対して使うことが一般的です。

頭打ちになる原因としては以下の二つが考えられます。

  • 元々の相場が高値でこれ以上は上がらない
  • 上昇するはずだが、何らかの原因で伸びない

バイク用語としての頭打ち

バイク用語としての頭打ちは、エンジン回転数が上限に達していることを指します。

これはつまり、バイクのスピードが上がりきっていることを意味します。

音楽用語としての頭打ち

音楽用語としての頭打ちは、小節の頭で一拍スネアドラムを叩くことを意味します。

ドラムにおいて基本的なリズムパターンとされています。

医療用語としての頭打ち

医療用語としての頭打ちは、頭の打撲のことです。

文字通り頭を打つということです。

「頭打ち」の使い方

頭打ちは以下のように使います。

  1. 一般的な使い方
    例:優秀だった彼だが、最近の成長は頭打ちだ。
    例:成績が伸び悩んでいる。私のキャリアも頭打ちになる。
    例:彼の成績は頭打ちとなり、第一志望には合格できなかった。
    例:大学で頭打ち現象について勉強した。
  2. 金融用語としての使い方
    例:株価が頭打ち状態なので、まとめて売却した。
    例:自動車市場は頭打ちである。
  3. バイク用語としての使い方
    例:高速道路にて、バイクが頭打ちとなる。
    例:頭打ちでの運転を続けると、エンジンの調子が悪くなった。
  4. 音楽用語としての使い方
    例:ドラムのレッスンとして頭打ちを習った。
    例:この歌は頭打ちが使われている。

文脈によって変化する意味をしっかりと理解しておきましょう。

また「頭打ちをした」「頭打ちを止める」という表現は誤用なので注意しましょう。

「頭打ち」の語源

「頭打ち」は金融業界の用語として生まれました。

商品の値段がこれ以上上がらない様子を、天井に頭がぶつかる様子に見立てて「頭打ち」と表現しました。

ここから流行し、金融以外の話題でも「頭打ち」が使われるようになりました。

「頭打ち」の類義語

「頭打ち」には以下のような類義語があります。

  • 伸び悩み
    成長が停滞し、それ以上になれずにいること
  • 横ばい状態
    相場に上下の変動がないこと
  • 足踏み状態
    物事が進展せず、同じような状態が続くこと
  • 停滞気味(ていたいぎみ)
    一箇所にとどまり、先に進めないこと
  • 踊り場
    成長が一時小休止している段階
  • 立ち往生
    物事が行き詰まりの状態になり処置に困ること
  • 一進一退
    進んだり退いたりすること
  • 行き詰まり
    それ以上進展しなくなった状態
  • 低調
    勢いがふるわず、盛り上がりに欠けること

いずれも成長が止まっていることを表します。

「頭打ち」の対義語

「頭打ち」には以下のような対義語があります。

  • 順調
    物事がすらすらと調子よく進むこと
  • 順風満帆(じゅんぷうまんぱん)
    物事が順調に進行すること
  • 天井知らず
    物価や相場が高騰して、どこまで上がるかわからない状態のこと
  • 青天井(あおてんじょう)
    物の値段や取引相場が際限なく上がり続ける状態
  • うなぎのぼり
    物事の程度や段階が急激に上がっていくこと
  • 伸び盛り
    能力や才能が著しく進展する時期
  • 底打(そこう)ち
    相場が下がりきって底値になること

「頭打ち」の対義語としては、とどまることなく成長することを表す言葉と下がりきったことを表す言葉が挙げられます。

「頭打ち」の英語訳

「頭打ち」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • reach the ceiling
    (頭打ちになる)
  • reach the limit
    (限界に達する)
  • level off
    (横ばいになる)
  • go as high as it can go
    (上がり切る)
  • hit the peak
    (頭打ちになる)

いずれも頂点まで上りきったことを表します。

「頭打ち」のまとめ

以上、この記事では「頭打ち」について解説しました。

読み方頭打(あたまう)ち
意味物事が限界に達する
語源金融用語に由来
類義語伸び悩み
横ばい状態
足踏み状態 など
対義語順調
順風満帆
天井知らず など
英語訳reach the ceiling
reach the limit
level off など

「頭打ち」はさまざまな状況で使える言葉です。ぜひ使ってみてください。

ABOUT US

アバター
藤本
文章を書けば2度見される慶應生。コピー・作文関係の賞を複数受賞。スッキリ公式Twitterの中の人です。 #博覧強記 #筆力鼎を扛ぐ
【受賞歴】 宇都宮キャッチコピーコンテスト 最優秀賞 など