「アポイントメント」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アポイントメント」です。

「アポイントメント」の意味・使い方・語源・類義語・取り方についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「アポイントメント」とは?

アポイントメント(appointment):面会や会議などの約束や予約のこと

 

「アポイントメント」の意味を詳しく


「アポイントメント」とは、面会や会議などの約束のことです。

ビジネスにおいて多用されます。社内の人間同士の約束ではなく、社外の関係者との面会や会議などを取り付けることを「アポイントメント」と言います。「アポ」と省略されることも頻繁にあります。

特に、営業の仕事をしている社会人が「アポイントメントをとる」ことが多いです。電話で「アポイントメント」をとる時は、「テレフォンアポイントメント(通称:テレアポ)」と呼ばれます。

「アポイントメント」はビジネスパーソンが使うことの多い言葉であるため、友人や家族との約束の際に使うのには適していません。少々堅苦しい印象を与えてしまうことになります。

スポンサードリンク

「アポイントメント」の使い方

  1. 先方とのアポイントメントがあるため、今日は直帰する。
  2. なんども粘って、ついにアポイントメントをとるまでこぎつけた。
  3. 重要なアポイントメントがある日は、必ず牛丼を食べる。
  4. 上司から、新規のアポイントメントを5つとることをノルマに命じられた。

上の例文のように、「アポイントメント」はビジネスにおいて多く利用されます。アポイントメントには、「〜をとる」「〜がある」という語尾がつきます。

「アポイントメント」の語源

アポイントメントの語源は英語の “appointment” です。「取り決め」や「約束」「予約」など、日本語と似通った意味を持ちます。

英語での”appointment”は、日本語で使用されるのとは違い、「医者」などと会うときにも使用されます。

もともとは英語の”appoint(指名する)”という動詞が名詞形になった言葉です。ただし、”appoint”と”appointment”では大きく意味が異なるため注意しましょう。

スポンサードリンク

「アポイントメント」の類義語

アポイントメントには以下のような類義語があります。

  • リザベーション(reservation):予約すること

“reservation”と”appointment”の違いは、「何を約束するか」にあります。

“reservation”は、ホテルやレストラン、航空券など「場所」を予約するときに使用されます。一方、”appointment”は、「人と会うこと」を予約(約束)するときに用いられます。

この機会に押さえておきましょう。

「アポイントメント」の取り方

一般的に「アポイントメント」をとることは、事前準備や口調に気をつけなければ難しいことです。ここでは、簡単にアポイントメントをとる際の注意点をまとめました。

  • 面会をして何を伝えたいのか(目的)を明確にする
  • (電話の場合は)明るい声で、ハキハキと話す
  • 面会の許可をもらえたら、日時・場所まで詳細を決める。
  • 詳細を復唱することで、ミスがないようにする

企業で働く人は忙しいため、明確な目的がないと時間を割いてくれる可能性は低くなります。「アポイントメント」の意味を押さえて、なぜ「アポイントメント」をとるべきなのかを考えて取り組みましょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「アポイントメント」について解説しました。

英語表記 アポイントメント(appointment)
意味 面会や会議などの約束
語源 英語の”appointment”より
類義語 リザベーション(reservation)
アポイントメントの取り方 目的を明確に、ハキハキと話し、詳細を決める。

「アポイントメント」は、社会に出たら一度は耳にする言葉です。「アポイントメント」や「アポ」と言われても、すんなり意味を理解できるようになりましょう。

スポンサードリンク