「残滓(ざんし)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「残滓(ざんし)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「残滓」の意味をスッキリ理解!

残滓(ざんし):残りかす、残ったもの

「残滓」の意味を詳しく


「残滓」は、残りかす、残ったものという意味です。

「残滓」を構成する漢字には、それぞれ以下のような意味があります。

  • :のこり、あまり
  • :かす、水中の沈殿物
「滓」はあまり使われない漢字ですが、たとえば、「食べかす」を漢字にすると「食べ滓」となります。熟語では、「垢滓(こうし)」「岩滓(がんさい)」などと使われています。

 

「残滓」の正しい読み方は「ざんし」ですが、慣用的に「ざんさい」と読まれることがあります。

本来「ざんさい」は誤りですが、誤読が広まって定着したものです。

どちらの読み方も覚えておきましょう。

 

「残滓」は、物質的な残りかすを指す場合と、比喩表現として使われる場合とがあります。

物質的な残りかす

「残滓」が物質的な残りかすを表す場合は、必要な部分や主要なものが取り除かれた後、物質的に何かが残っていることを言います。

たとえば、皿の上に残ったトマトのへたや、コップの底に溜まった沈殿ように、取るに足りない残ったものを「残滓」と言います。

食べもの以外にも、必要な部分や主要ではなく、最終的に残っているものを指すときに「残滓」と言うのです。

比喩表現

一方で、「残滓」は「残ったものやこと」を表す比喩表現としても使うことができます。

この場合、「今でも残っていること」「名残」という意味で使われています。不要なものと言うよりも、「かすかに残っていること」というニュアンスを表します。

たとえば、定年退職後もついつい現役時代と同じ時間に起床してしまうことを「働いていた頃の残滓だ」などと表現することができます。

このように、過去の物事の名残や、今でも覚えている記憶を「残滓」と言うことができます。

「残滓」の使い方

「残滓」は、以下のように使うことができます。

  1. お米をスプーンで食べると、必ず残滓がついてしまう。
  2. 過去の恋人が忘れられないのは、記憶の残滓にしがみついているだけだ。
  3. 新制度を定着させるために、旧制度の残滓を清算する。

①は、実際に物体が残っている様子を「残滓」と表現しています。この例文では、スプーンで食べたことによって茶碗にこびりついてた米粒を「残滓」を言っています。

 

②と③は、「残滓」を比喩的な表現として使用しています。

②の例文は、いまだに覚えている恋人関係だった頃の記憶を「残滓」と表現しています。

③の例文は、新制度が施行された後も残っている、旧制度の名残を一掃するという意味です。このように、「残りを一掃する」ことを「残滓を清算する」と言うことができます。この場合、過去の始末をつけるというニュアンスを表すことができます。

「残渣が残る」は、意味が重複しており表現としては誤りです。注意しましょう。

「残滓」の類義語

「残滓」には以下のような類義語があります。

  • 残渣(ざんさ):ろ過した後などに残る不要物
  • 残余(ざんよ):のこり、あまり

「残滓」は残ったものを表す際に広く使うことができますが、「残渣」は溶解やろ過をしたあとに残ったものを表す際に使われる言葉です。

また、「残渣」が比喩表現として用いられることはあまり多くありません。

「残滓」と混同されやすいため、違いをきちんと理解しておきましょう。

「残滓」の英語訳

「残滓」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • remnant
    (残滓、残り、残余、残物)
    The way of thinking is a remnant of modern times.” (その考え方は、近世の残滓だ。)

まとめ

以上、この記事では「残滓」について解説しました。

読み方残滓(ざんし)
意味残りかす、残ったもの
類義語残渣、残余
英語訳remnant(残滓、残り、残余、残物)

残滓は、小説などでよく使われている表現です。文学表現を覚えると、語彙力を飛躍的に向上させることができます。

「残滓」の意味をきちんとおさえ、正しく使いこなせるようにしましょう。