「融通(ゆうずう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「融通(ゆうずう)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「融通」の意味をスッキリ理解!

融通(ゆうずう):滞りなく通じること

「融通」の意味を詳しく


「融通」は、「融」と「通」という2つの漢字から構成されています。

「融」は、「ゆう」「とける」と読み、「固体が液状になる」「親和する」という意味をもちます。この漢字を使った熟語には、「融点」「融和」等があります。

「通」は、「つう」「とおる」と読み、「物事がとどこおりなくゆく」という意味があります。この漢字は、「通行」「疎通」等の熟語に用いられています。

この2つの漢字の意味から、「融通」は、「物事が親和し、とどこおりなくすすむ」という意味を表します。

融通無碍(ゆうずうむげ)

この「融通」という熟語は、仏教語の「融通無碍」に由来すると言われています。「融通無碍」は、華厳経(けごんきょう)という宗派の仏教の書物に用いられており、「異なるものがとけあう」という意味で解釈されています。

この意味から派生し、現在「融通無碍」は、「考え方や行動が、何にも縛られず、自由で柔軟性があること」という意味で用いられています。この「融通無碍」は、ビジネス用語としてもよく使われています。

スポンサードリンク

「融通」の使い方

  1. ビジネスの場において、すぐに融通を利かせて行動できる人物は、重宝される。
  2. もう少しだけ、資金を融通してもらえないでしょうか。
  3. 彼女の融通無碍な発想が、部署を助けている。

①の例文で、「融通」は、「融通が利く」という形で用いられています。「融通」は、多くの場合で、この「融通が利く」又は「融通が利かない」という表現で使われます。「融通が利く」とは、「臨機応変に柔軟な対応ができる」という意味を持ちます。

②の例文で、「融通」は、「融通する」という形で用いられています。この場合の「融通する」は、「資金等お金を貸し借りする」という意味で使われています。

「融通する」と表現する場合、多くの場合では、「お金の都合をつける」という意味で用いられますが、「予定等の都合をつける」という意味で用いられることもあります。

③の例文で、「融通」は、語源ともなった「融通無碍」という形で用いられています。この場合、「融通無碍」は「考え方や行動等が自由で柔軟である」という意味で用いられます。

「融通」の類義語

融通には以下のような類義語があります。

  • 順応(じゅんのう):環境や変化に溶け込むこと
  • 調節(ちょうせつ):つり合いが取れるようにすること
  • 適応(てきおう):ある状況にふさわしいこと
  • 都合(つごう):やりくりすること
  • 貸付(かしつけ):貸し付けること
「順応」「調節」「適応」は、「融通」の「親和し、とどこおりなくすすむ」という意味の類義語となっています。「都合」「貸付」は、「(資金等を)融通する」という意味の類義語です。

スポンサードリンク

「融通」の対義語

融通には以下のような対義語があります。

  • 頑固(がんこ):他人の意見を聞かず、自分の考え方を貫くこと

「頑固」は、「融通が利く」に対する対義語となっています。

「融通」の英語訳

融通を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • versatility
    (融通)
  • accommodation
    (適応)
  • adaptability
    (適応性)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「融通」について解説しました。

読み方融通(ゆうずう)
意味滞りなく通じること
類義語順応、調節、適応など
対義語頑固
英語訳versatility(融通)

「融通」は、「融通が利く」という形でさまざまな場面で使われる単語です。

柔軟性があり、その場に応じた臨機応変な行動ができると、どの場面においても重宝されます。

「融通が利く」人物を目指しましょう。

スポンサードリンク