「愉悦(ゆえつ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「愉悦(ゆえつ)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「愉悦」の意味をスッキリ理解!

愉悦(ゆえつ):心から喜び楽しむこと

「愉悦」の意味を詳しく

「愉悦」の読み方は「ゆえつ」です。「心から喜び楽しむこと」を表しています。

「愉悦」は、「なんとなく楽しい気がする」というような微かな喜びを指すのではなく、心から満悦することを意味しています。

「愉悦」の使い方

「愉悦」は自分が欲しいものを手に入れた時に使うことが多い言葉です。たとえば、ものごとに対して成功を収めたり、成果を残したり、勝利を獲得したときなど、満足感で気持ちがいっぱになり、心から快楽を得る場面で用いられます。

 

以下の言い回しで使用されることが多いです。

  • 愉悦を覚える
  • 愉悦に浸る
  • 愉悦を感じる

 

それぞれの例文は以下の通りです。

  • これだけ当初の計画通りに物事が進むと、愉悦を覚えてしまうものだ。
  • 翌日に試合に決勝を控えているため、今日の勝利の愉悦に浸っている暇もない。
  • 温泉に浸かるときが、一番愉悦を感じる時間だ。

「愉悦」の語源

「愉悦」を構成する漢字は以下の通りです。

  • :わだかまりがなくて気が軽い、楽しい、喜ばしい
  • :喜ぶ、嬉しく思う、楽しむ

「愉悦」は、「喜ぶ、楽しい」という似たような意味を持つ漢字によって構成されています。そのため、それぞれの漢字の意味からも「心から楽しみ喜ぶ」という強い喜びを表す熟語だと推測できます。

「愉悦」の類義語

「愉悦」には以下のような類義語があります。

  • 満悦:十分に満足して喜ぶこと
  • 喜悦:喜ぶこと、喜び
  • 欣喜(きんき):大喜びすること
  • 雀躍(じゃくやく):こおどりして喜ぶこと

「喜悦」は、「愉悦」よりも感情を表に出して喜んでいる様子を表す言葉です。

また、「雀躍」を含む「欣喜雀躍」という四字熟語があり、「大喜びでこおどりすること」という意味で使用されます。

 

例文は以下の通りです。

  • 彼は小説が好評で大満悦だった。
  • 日本代表が勝った瞬間、大勢のサポーターが喜悦の声をあげた。
  • 難航が続いていたプロジェクトの成功に欣喜する。
  • 突然の天候の回復に歓声をあげて雀躍する。

「愉悦」の対義語

「愉悦」には以下のような対義語があります。

 

「懊悩」を構成する漢字の意味は以下の通りです。

  • :悩む、悶える
  • :心にまといついて離れない、思い煩う
それぞれの漢字の意味からも「悩み苦しんだり、悩み悶えたりするさま」を表す言葉だと推測できます。

 

例文は以下の通りです。

  • 懊悩の中にこそ、進化のヒントが隠されている。
  • 就職活動をしていたころの私は、人生の岐路に立って懊悩としていた。

「愉悦」の英語訳

「愉悦」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • joy
  • pleasure
  • deleight
    (愉悦)

まとめ

以上、この記事では「愉悦」について解説しました。

読み方愉悦(ゆえつ)
意味心から喜び楽しむこと
語源「わだかまりがなくて気が軽い、楽しい、喜ばしい」と「喜ぶ、嬉しく思う、楽しむ」という意味の漢字から
類義語満悦、喜悦、雀躍など
対義語懊悩
英語訳joy、pleasure、deleight(愉悦)

「愉悦」は、上で説明したように「なんとなく楽しい」「なんとなく嬉しい」という感情ではなく、「心から喜び楽しい」という場面で使用します。

日常会話で多く使われる言葉ではありませんが、「愉悦」の意味と使い方を正しく理解すれば、心から楽しいと感じていることに相手に伝えることができます。よく使われる言い回しの表現と、例文や類義語と合わせて覚えるといいでしょう。