故事成語「羊頭狗肉(ようとうくにく)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「羊頭狗肉」です。

個の言葉は日常会話でも使われることがあります。

意味や使い方をしっかり理解しておきたいですよね。

そこで、「羊頭狗肉」の意味、由来、例文、類義語、英訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「羊頭狗肉」の意味をスッキリ理解!

羊頭狗肉(ようとうくにく):実質や内容が見かけと一致しないこと

「羊頭狗肉」の意味を詳しく

羊頭狗肉とは、実質や内容が見かけと一致しないことです。

つまり、見掛け倒しのことです。

そして、ごまかすことのたとえとして、日常会話で幅広く使われています。

そのため、ネガティブな意味を持つ言葉だと言うことができるでしょう。

スポンサードリンク

「羊頭狗肉」の由来

「羊頭狗肉」は中国の宋の時代に書かれた『無関門(むかんもん)』という禅書が出典です。

ちなみに、禅書とは、仏教の一派である禅宗について書かれた本のことです。

そして、「羊頭狗肉」は「羊頭を懸(か)けて狗肉を売る」という言葉を略したものです。

店頭の看板には「羊の頭」を売っていると掲げ、実際には「狗肉(犬の肉)」を売っていたエピソードからできた言葉です。

「羊頭狗肉」の例文

  1. 羊頭狗肉の商売をしていたライバル企業がついに摘発された。
  2. メニューの写真と実物とが全然違ったので、羊頭狗肉だと思った。
  3. 政府は一丸となっている、とは羊頭狗肉もいいところだ。
スポンサードリンク

「羊頭狗肉」の類義語

「羊頭狗肉」には以下のような類義語があります。

  • 牛首を掲げて馬肉を売る:見かけと中身が一致しないこと
  • 羊質虎皮(ようしつこひ):外見は立派だがそれにともなう中身がないこと
  • 有名無実:名ばかりで実質が伴わないこと
  • 言行齟齬(げんこうそご):言葉で表した内容とその人の行動が食い違うこと
  • 羊頭馬脯(ようとうばほ):見掛け倒しのこと
  • 名存実亡(めいそんじつぼう):名前だけが残り、実質がなくなること
  • 有名無実:名前が知られているほどには価値がないこと

「羊頭狗肉」の英語訳

「羊頭狗肉」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • He cries wine and sells vinegar.
    (ワインだと叫んで酢を売る)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「羊頭狗肉」について解説しました。

読み方羊頭狗肉(ようとうくにく)
意味実質や内容が見かけと一致しないこと
由来羊の頭だと言って、犬の肉を売ってごまかすことから
類義語牛首を掲げて馬肉を売る、名存実亡、有名無実、など
英語訳He cries wine and sells vinegar.

「羊頭狗肉」がポジティブな意味で使われることはありません。

使いどころには気を付けていきたいものです。

スポンサードリンク