ネット用語「wtf」の意味と使い方をわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、ネット用語の「wtf」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語についてわかりやすく解説します。

「wtf」の意味をスッキリ理解!

wtf:なんてこった

「wtf」の意味を詳しく

「wtf」は「なんてこった」という意味の主に英語圏で使用されるネットスラングです。英語のスラング “what the fuck” の略です。

さらに、「wtf」は、使い方や発音の仕方に応じて以下の6つのニュアンスを表します。

「wtf」の意味
  1. 驚き
  2. 混乱
  3. 怒り
  4. 悲しみ
  5. 同情
  6. 無関心
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

意味①:驚き

「wtf」の1つめの意味は「驚き」です。

イメージとしては「なんだって!?」というような感じで、多くの場合「!」や「!?」を伴います。口頭で言う場合は大声で発音します。

意味②:混乱

「wtf」の2つめの意味は「混乱」です。

「なんてこった、どうすればいいんだ」といったニュアンスを表し、単体で使われることが多いです。口頭で言う場合は、呆れたように呟いたり、ため息をつきながら言ったり、眉を寄せながら言ったりします。

意味③:怒り

「wtf」の3つめの意味は「怒り」です。

「はあ!? なんで!?」というイメージです。呆れ、または憎しみのニュアンスを伴っており、 “wtf are you 〜ing?” などの疑問形で表すこともあります。

意味④:悲しみ

「wtf」の4つめの意味は「悲しみ」です。

イメージとしては「まじかよ、どうしたらいいんだよ」などの気持ちを表し、絶望や諦めなどを含みます。文章上では「…」などが後ろにつくこともあります。口頭で言う場合は、ぽつりと呟くことが多いです。

意味⑤:同情

「wtf」の5つめの意味は「同情」です。

やや特殊ですが、「相手の置かれた境遇に対して、一緒に激しく驚いて怒る」という形で同情を表します。イメージとしては「本当!? それは酷すぎだよ!」などと相手を憐れむ気持ちを表現しています。

多くの場合では、相手の発言の後に “oh wtf” と続けます。ohで一旦相手の発言を受け止め、その後に同情表現を続ける形です。

意味⑥:無関心

「wtf」の6つめの意味は「無関心」です。

この形で使うことはそれほど多くありません。だいたいは “wtf are you talking about?” という形で使われ、「一体、なんでそんなことについて話してるんだ」という意味合いで使われます。

この場合、「相手の話を聞きたくない」という意味合いも含まれます。

「wtf」の使い方

「wtf」は以下の2つのパターンで使われます。

「wtf」の使われ方
  • 間投詞として
  • 疑問文の一部として
それぞれの使い方について見ていきましょう。

間投詞としての使い方

間投詞として「wtf」を使う場合は、単体で使います。

間投詞とは、話し手が自分の気持ちを直接表現するときに使われる単語です。日本語だと「あっ」などがそれにあたります。

使い方のイメージとしては “Oh my god” などと同じです。

例文
wtf!? You lost my ring!?(なんてこった、あんた私の指輪をなくしたの!?)

疑問文の一部としての使い方

疑問文の一部として「wtf」を使う場合は、後ろに疑問を続けます。「wtf」を “what” の代わりに使うイメージです。

普通の疑問文よりも「何」という部分が強調され、「どういうこと!?」みたいに問い詰めるニュアンスを持ちます。

例文
wtf are you doing?(君は一体全体、何をやっているんだ)
“What are you doing?” と聞くよりも、相手のやっていることをけなすニュアンスが含まれます。

「wtf」の由来

「wtf」は、英語のスラング “what the fuck” の略です。それぞれの単語の意味はこのようになります。

「wtf」の単語の意味
  • what:何
  • the:定冠詞であり、これといった意味は持たない
  • fuck:性交する、またはくそったれ
  • この “fuck” は非常に失礼で下品な単語であり、一般的には “f**k” などの伏字を使うほど攻撃的な言葉です。

    そのため、 “wtf” もかなり下品なスラングですが、省略されているぶん、親しい間柄では比較的気軽に使われています。ただ攻撃的な言葉であることには代わりないので、本当に親しい間柄でのみ使いましょう。

    なお、口頭で使う場合は「ダブリューティーエフ」ではなく “what the fuck” と略さず発音します。一語一語きれいに発音することはなく、「ワッタファック」くらいつながって発音することがほとんどです。

    「wtf」の類義語

    「wtf」には以下のような類義語があります。

    • wth(what the hell/heck):なんてこった
    • what on earth:なんてこった
    • Are you sure?:本当?
    • Are you serious?:本気?
    • Are you kidding me?:からかってない?
    • You’ve got be kidding.:冗談でしょ
    • what in God’s name:なんてこった
    • what in tarnation:なんてこった
    • what in the world:なんてこった
    • what the dickens:なんてこった
    • what the Devil:なんてこった
    • what the deuce:なんてこった

    “wth” はやや下品ですが、喜びなどのポジティブなニュアンスを持つこともあります。「wtf」よりも驚きに重きが置かれているイメージです。ただ、最近はあまり見ません。

    「wtf」と同じ感覚で使えるフレーズの中で最も無難なのは、 “what on earth” です。口語でもネット上でも非常によく使われます。

    他、 “Are you sure?” “Are you serious?” “Are you kidding me?” “You’ve got be kidding.” もよく使われますが、ニュアンスが少し変わるので注意が必要です。

    関連語:「omg」と「lol」

    「wtf」と同じように省略されているネットスラングとして、以下の2つがあります。

    • omg:Oh my godの略
    • lol:Laugh out loudの略
    どちらも非常によく使われます。それぞれ見ていきましょう。

    関連語①:omg

    「omg」は、「なんてこった」という意味の単語です。 “Oh my god” の略です。

    「wtf」と同じように、間投詞として使われます。「omg!!!」「OMGGGGGGG」などの派生も多く、非常によく見るネットスラングです。

    下品ではないので、目上の人以外であれば大体使えます。目上の人相手でも、かなり親しければ使うこともあります。口頭で使う場合は、目上の人相手でもかなり使います。

    関連語②:lol

    「lol」は、いわゆる「(笑)」です。 “Laugh out loud” の略です。

    使い方も「(笑)」と同じで、文末、もしくは喋りはじめにつけます。かつては非常によく使われていましたが、最近では「ww」なども使われるようになったため、見かける回数は減りました。

    まとめ

    以上、この記事では「wtf」について解説しました。

    読み方wtf
    意味なんてこった
    由来英語のスラング “what the fuck” から
    類義語wth、what on earth、Are you serious?など

    かなり下品な単語であるため、本当に親しい人にのみ使うようにしましょう。