「ユニット」とは?使い方や意味を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ユニット」です。

「ユニット」の意味、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「ユニット」の意味をスッキリ理解!

ユニット(unit):全体を構成する一つ一つの要素、二人以上で構成される集団

「ユニット」の意味を詳しく

「ユニット」には、2つの意味があります。ひとつは「全体を構成する一つ一つの要素」、もうひとつは「二人以上で構成される集団」です。

 

1つ目の「全体を構成する一つ一つの要素」は、全体を形づくる単位のことを意味します。

たとえば、「ユニットバス」は、この意味で使われています。

「ユニットバス」と耳にすると、浴槽とトイレが一緒になっている浴室を浮かべる方が多いかもしれません。しかし、ユニットバスは、浴槽だけでなく壁や床、天井が一体となった浴室のことをいいます。ユニットバスは、家全体を構成する要素の一つですので、「ユニットバス」と呼ばれるのです。

 

2つ目の意味の「二人以上で構成される集団」という意味で使われる場合は、主に音楽業界で使用されます。たとえば、音楽や演劇などで、二人以上のメンバーが集まって活動するチームのことを「ユニット」と言います。「グループ」と似ている言葉です。

たとえば、男性のグループの場合は「ボーイズユニット」、女性の場合は「ガールズユニット」と呼ばれることがあります。

「ユニット」の使い方

  1. この機械は、5つのユニットから構成されている。
  2. 好きなアイドルユニットが東京ドームでコンサートをするので、すぐにチケットを予約した。

①の「ユニット」は「全体を構成している一つ一つの要素」という意味で使用されています。一つの大きな機械を構成しているいくつかの部品のことを指しています。部品といっても、ねじ一つのようなことでなく、ねじや鉄などで組んだ部品や製品を表します。

②の「アイドルユニット」は二人以上のアイドルから構成されているグループのことをいいます。たとえば、あの国民的アイドルの「嵐」も「アイドルユニット」と言えます。

「ユニット」の語源

「ユニット」の語源はラテン語の”unus”です。

“unus”はラテン語で「一つの」という意味を持つ言葉です。”unit”以外にも、”unique”(独特の)、”unite”(合体させる)といった言葉の語源となっています。

「ユニット」は英語表記で “unit” となります。”uni” は「一つの」という意味があります。

「ユニット」の類義語

ユニットには以下のような類義語があります。

  • グループ:複数の人、ものの集団
  • モジュール:装置の部品の一つ

「グループ」は、「複数の人」「ものの集団」という意味を持っています。「ユニット」と似ていますが、異なる点がいくつかあります。

「グループ」は、主に「ユニット」よりも人数が多かったりものの数がより多い場合に使われます。また、「ユニット」と比べ、継続性やメンバーの構成力などが強いとされています。

 

「モジュール」は「ユニット」の意味と比べて大きな違いがあるわけではありませんが、「ユニット」より大きく、製品より小さい部品とされています。つまり、製品>モジュール>ユニット>個別部品(ネジなど)の順に小さくなっています。

まとめ

以上、この記事では「ユニット」について解説しました。

英語表記ユニット(unit)
意味全体を構成する一つ一つの要素、二人以上で構成される集団
語源ラテン語の”unus”
類義語グループ、モジュール

「ユニット」の意味を正しく理解することができたでしょうか。

「グループ」や「モジュール」のように、似ていても多少異なるニュアンスを持っている言葉がいくつかあります。その微妙な違いを理解して、正しく使い分けられるようにしましょう。