実は知らない!「叔父」と「伯父」の違い

違いのギモン

「おじ」という言葉は普段、無意識に使ってますが、3通りの漢字表記があることをみなさんはご存知でしょうか。それは「叔父」と「伯父」と「小父」です。このうち、「小父」はよその家の年配の男性のことですが、「叔父」と「伯父」にはどのような違いがあるのでしょうか。

そう言われると答えに詰まってしまう人も多いと思います。そこで、今回は意外と知られてない「叔父」と「伯父」の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:叔父は父母の弟のことで、伯父は兄のこと

叔父と伯父はどちらも父母の兄弟のことを指す表現です。

そして、このうち叔父は父母の弟のことを指します。

一方、伯父は父母の兄のことを指します。

叔父と伯父の違いを詳しく

叔父と伯父はどちらも父母の兄弟のことを指す表現ですが、このうち叔父は父母の弟のことを、伯父は兄のことを指します。

例えば、お父さんが48歳で、お父さんの兄弟が52歳だったら、「伯父」です。また、お母さんが50歳で、お母さんの兄弟が46歳だった場合は「叔父」です。

ちなみに、「叔母」や「伯母」という表現もありますが、これは父母の姉妹というだけで、その他は同じです。つまり、「伯母」は年上で、「叔母」は年下です。

しかし、このように言われても、似ているのですぐ分からなくなってしまいますよね。そこで、「叔父」と「伯父」について覚えるために、漢字の意味から見ていきましょう。

まず、「叔」という漢字は若い年少者のことを表し、三男・三女のことを指すこともあります。

そして、「伯」という漢字は統率者のことを表します。例えば、伯爵は身分が高い人ですよね。つまり、「伯」は目上の人のことなのです。

 

ちなみに、「叔父」や「伯父」は父母の兄弟姉妹の夫にも使うことができます。そして、その場合にはその兄弟姉妹の年齢が基準になります。

例えば、お父さんの妹が38歳で、その夫が40歳だった場合には「伯父」です。たとえ、お父さんが妹の夫より年上でも、「叔父」にはなりません。

ただし、「叔父」と「伯父」の区別で年齢が関係なくなる場合もあります。それは、義理の「おじ」の場合です。

義理の場合には、年齢は関係なく、「伯母」と結婚していれば「伯父」に、「叔母」と結婚していれば「叔父」になります。

ちなみに、英語では兄弟のことを “brother” 、姉妹のことを “sister” と言い、兄と弟、姉と妹を呼び分ける表現がありませんが、これは「おじ」や「おば」も同じです。英語でおじは “uncle” 、おばは “aunt” で年齢は関係ありません。

「伯父」と「叔父」の違いは日本語ならではの違いなのかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「叔父」と「伯父」の違いについて解説しました。

  • 叔父:父母の弟のこと
  • 伯父:父母の兄のこと

この区別は日常生活では役立たないかもしれませんが、結婚式や葬式などの席次を作る時などに必要です。そのような時に、表記を間違えて恥ずかしい思いをしないためにも、「叔父」と「伯父」の違いはぜひ覚えておくべきでしょう。

スポンサードリンク