故事成語「忠言は耳に逆らう」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「忠言は耳に逆らう(ちゅうげんはみみにさからう)」です。

「忠言は耳に逆らう」の意味、例文、由来、類義語、対義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「忠言は耳に逆らう」の意味をスッキリ理解!

忠言は耳に逆らう(ちゅうげんはみみにさからう):忠告の言葉は聞く者にとっては耳が痛いから、素直に聞き入れにくいということ

「忠言は耳に逆らう」の意味を詳しく

「忠言は耳に逆らう」とは、忠告の言葉は聞く者にとっては耳が痛いから、素直に聞き入れにくいということです。

忠言」とは、まごころをこめて不正や欠点を改めるように忠告する言葉です。

「忠言耳に逆らう」と表記されることもあります。

 

しかし、「忠告は耳に逆らう」と表記するのは間違いなので注意が必要です。

スポンサードリンク

「忠言は耳に逆らう」の例文

  1. 妻から忠告されたとき、忠言は耳に逆らうという言葉を思い出し、素直に従うことにした。
  2. 忠言は耳に逆らうと言うが、忠告はためになるので受け入れなければならない。
  3. 忠言は耳に逆らうという言葉を聞いて、とても勉強になった思い出がある。

「忠言は耳に逆らう」の由来

「忠言は耳に逆らう」の出典は『孔子家語(こうしけご)』の「六本」という章と、『史記』の「淮南公伝(わいなんこうでん)」という章です。

この章の中に、「孔子曰く、良薬は口に苦けれども病に利あり、忠言は耳に逆らえども行いに利あり」という言葉が出てくるのです。

この言葉は「孔子が言うには、いい薬は苦いが病に効き、忠言は耳に痛いものだがよい行動をするのに役立つ」という意味を表しています。

『孔子家語』

『孔子家語』とは、『論語』から漏れた孔子一門の説話を収集したとされる古書です。

スポンサードリンク

「忠言は耳に逆らう」の類義語

「忠言は耳に逆らう」には以下のような類義語があります。

  • 諫言耳に逆らう(かんげんみみにさからう)
  • 金言(きんげん)耳に逆らう
  • 苦言は薬なり、甘言(かんげん)は病なり
  • 薬の灸(きゅう)は身に熱く毒な酒は甘い
  • 至言は耳に忤(さから)う
  • 忠は憎しみのもと
  • 良薬は口に苦し

「忠言は耳に逆らう」の対義語

「忠言は耳に逆らう」には以下のような対義語があります。

  • 佞言(ねんげん)は忠に似たり:こびへつらう言葉は忠義の言葉と似ているので注意するべき
スポンサードリンク

「忠言は耳に逆らう」の英語訳

「忠言は耳に逆らう」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Good advice is harsh to the ear.
    (忠言は耳に痛い)
  • Truth finds foes, where it makes none.
    (真実は身近ら敵を作らないのにもかかわらず敵ができてしまう)
  • Good medicine is bitter to the mouth.
    (良薬は口に苦し)
  • Advice is not welcome.
    (忠告は歓迎されない)
  • Advice when most needed is least needed.
    (最も必要なときの忠告ほど心に残らない)

まとめ

以上、この記事では「忠言は耳に逆らう」について解説しました。

読み方 忠言は耳に逆らう(ちゅうげんはみみにさからう)
意味 忠告の言葉は聞く者にとっては耳が痛いから、素直に聞き入れにくいということ
由来 『孔子家語』に出てくる、「孔子曰く、良薬は口に苦けれども病に利あり、忠言は耳に逆らえども行いに利あり」という言葉から
類義語 諫言耳に逆らう、苦言は薬なり、甘言は病なり、良薬は口に苦し、など
対義語 佞言は忠に似たり
英語訳 Good advice is harsh to the ear

忠告は確かに耳が痛いことですが、とてもためになるものでもあります。

忠告は相手のことを思っているから言うのです。

なので、甘い言葉に惑わされず、厳しい言葉にもきちんと耳を傾けていきたいものです。

スポンサードリンク