「トラディショナル」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「トラディショナル」です。

「トラディショナル」の意味・使い方・語源・類義語・対義語についてわかりやすく解説します。

「トラディショナル」の意味をスッキリ理解!

トラディショナル(traditional):伝統的な

「トラディショナル」の意味を詳しく

「トラディショナル」とは「伝統的な」という意味のカタカナ語です。名詞は「トラディション」です。

分野によって意味が違うので、詳しく見てみましょう。

ファッション分野での意味

まず、「トラディショナル」はファッションや服について「流行に流されない」という意味です。たとえば、「トラディショナルファッション」などと言います。

「トラディショナルファッション」とは、具体的にはジャケットやシャツなどです。基本的なアイテムで昔からありますよね。

ビジネス分野での意味

ビジネスで使う時は「一般的な」「遅れている」という意味です。ネガティブな意味で使うこともあります。

たとえば、「トラディショナルな思考」と言います。これは「一般的な考え方」「ありふれた思考」という意味です。

音楽分野での意味

音楽では「トラディショナルミュージック」という言い方をします。これは「部族音楽」などの音楽を指します。日本でも三味線などを使った「トラディショナルミュージック」があります。

「トラディショナル」の使い方

  1. ジャパニーズトラディショナルといえる文化を外国人に紹介する。
  2. トラディショナルスタイルを取り入れてコーディネートする。
  3. トラディショナルタトゥーを彫ろうか悩んでいる。

「トラディショナル」はビジネスや日常生活に限らず多く使います。①の例文は、日本文化に関してです。「ジャパニーズトラディショナル」とは「日本の伝統」で具体的には茶道や和室といった伝統的な文化があげられます。

②の例文はファッションに関する例文です。「伝統的なメンズスタイル」のことを「トラディショナルスタイル」と言います。「ブリティッシュトラディショナル」「アメリカントラディショナル」の2つがあります。

 

③の例文は刺青に関してです。「トラディショナルタトゥー」とは、「時代に流されないデザインのタトゥー」です。たとえば、鯉や富士山などの柄です。

ちなみにこのような伝統的なデザインの絵画を「トラディショナルアート」と言います。

「トラディショナル」の語源

「トラディショナル」の語源は英語のtraditionalです。意味は「伝統の」「古風な」です。カタカナ語と似ています。

「トラディショナル」の類義語

「トラディショナル」には以下のような類義語があります。

クラシック

「クラシック」とは「古典的な」という意味のカタカナ語です。「トラディショナル」はポジティブとネガティブの意味がありますが、「クラシック」はポジティブな意味で使います。

たとえば、「クラシックな芸術」といえば歴史上の名作のことです。

「クラシック」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

2018年11月18日

コンサバティブ

「コンサバティブ」とは「保守的な」という意味のカタカナ語です。たとえば、「コンサバティブな思想」とは「従来からの伝統や習慣を大切にする考え方」です。

「トラディショナル」の対義語

「トラディショナル」には以下のような対義語があります。

トレンド

「トレンド」とは「流行」という意味のカタカナ語です。たとえば、「トレンドを取り入れたファッション」などと言います。その時によって「トレンド」のアイテムは違います。

コンテンポラリー

「コンテンポラリー」とは「現代の」という意味のカタカナ語です。たとえば、「コンテンポラリーなインテリア」と言えば「現代のライフスタイルに合ったインテリア」のことです。

モダン

「モダン」とは「今風の」という意味のカタカナ語です。たとえば、「モダンなアート」などと言います。「コンテンポラリー」に比べて「今までにない新しいもの」という意味合いが強いです。

まとめ

以上、この記事では「トラディショナル」について解説しました。

英語表記トラディショナル(traditional)
意味伝統的な
語源英語のtraditional
類義語クラシック、コンサバティブなど
対義語トレンド、コンテンポラリー、モダンなど

「トラディショナル」は日常生活でもよく使う単語です。やはり、意味が分からないと困る時もあります。

ぜひ、この記事を参考にして「トラディショナル」の意味や使い方を覚えましょう。