「タイト」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「タイト」です。

「タイト」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「タイト」とは?

タイト(tight):きつめの

「タイト」の意味を詳しく

「タイト」は、「きつめの」「ぴったりとした」という意味のカタカナ語です。厳密には、「密接してぴったりとくっついている様子」を意味します。この単語は、ファッション用語やビジネス用語としても使われます。

タイトがきつめのファッション用語として使用される場合は、「衣類が身体にぴったりと合っている様子」を表します。一方のビジネス用語として使用される場合には、「ギリギリな様子」「時間のない様」を表します。

また、一般的な用法では、「空間に隙間がない様子」を意味します。

スポンサードリンク

「タイト」の使い方

  1. タイトなファッションに身を包む。
  2. とてもタイトなスケジュールでプログラムは進む。
  3. タイトスペースに置くことができる収納棚だ。

「タイト」を使用するのは、ファッションやビジネスに関する場面が多いです。形容詞ですので、「タイトな〜」という形で使うことが一般的です。名詞の前につけて用います。

①の例文は、ファッションに関する例文です。「タイトなファッション」とは、ジーンズやシャツが身体にぴったりと合っている様子です。衣類と身体の間に隙間がなくて、密着しています。

②の例文は、ビジネスに関する例文です。「タイトなスケジュール」とは、「予定がぎっしりと詰め込まれている様子」を表しています。例えば、午前中の時間帯はすべて打ち合わせで、休憩を挟むことなく夜までリハーサルという様子です。

③の例文は、空間に関する例文です。「タイトスペース」とは、「隙間がなくてぴったりとした様子」です。よく「隙間収納」など、わずかなスペースを活用した収納が話題になります。例文では、このスペースを活用する収納について言及しています。

「タイト」の語源

「タイト」の語源は英語の “tight” です。「硬く結んだ」「硬い」「しっかり固定した」という意味があります。カタカナ語の「タイト」と同じように形容詞として使用します。

しかしながら、意味の部分から分かるように「タイト」よりも、様々な意味があります。英語で「タイト」というときは、注意しましょう。

スポンサードリンク

「タイト」の類義語

「タイト」には以下のような類義語があります。

  • フィット:ぴったり
  • スキニー:肌
「フィット」は、「ぴったり」という意味のカタカナ語です。こちらもよく使用するカタカナ語の1つです。「ぴったりとしている」と言いたいときに、「フィットする」というように使用します。

「タイト」に比べて「フィット」は、「丁度よい」というニュアンスが強いです。キツすぎず、ぴったりということです。

「スキニー」は、「肌」という意味のカタカナ語です。他にも「骨」「皮」といった意味があります。その意味が変化して、「ぴったり」という意味にもなりました。これは、「皮や肌のようにぴったり合う」という意味です。

スイムウェアをイメージすると分かりやすいです。身体にぴったりとくっついています。これを「スキニー」と呼びます。他にも「スキニージーンズ」など、「ぴったりしている」のを売りにしている製品もあります。

まとめ

以上、この記事では「タイト」について解説しました。

英語表記 タイト(tight)
意味 きつめの
語源 英語の “tight”
類義語 フィット、スキニーなど

「タイト」を使うのは、ファッション用語が多いでしょう。特にショッピングをする時には、多くの人が何気なく使っています。しかしながら、その中にはあまり意味を理解せずに使用している人もいます。

ぜひこの記事で、「タイト」の意味や使い方を理解して、日常生活で使用できるようになりましょう。

スポンサードリンク