「泰然(たいぜん)」とは?意味や使い方を解説|英語訳もあわせて

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「泰然(たいぜん)」です。「泰然自若」という四字熟語の形で見かけることが多いでしょう。意味をご存知でしょうか。

以下では、「泰然」の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「泰然」の意味をスッキリ理解!

泰然(たいぜん):落ち着いていて動じないさま

「泰然」の意味を詳しく

「泰然」とは、落ち着いていて物事に動じないさまを指します。人の態度に関して使われる言葉です。漢字を紐解いていくと、よりその意味が理解しやすくなります。

「泰」は「落ち着いている」という意味を持ちます。また、「然」には、「前の語が指し示すような状態である」ということを表す用法があります。つまり、「落ち着いている状態にあること」が「泰然」の意味だと言えます。

泰然自若(たいぜんじじゃく)

「泰然」は、「泰然自若」という四字熟語の形で使われることが多いです。「自若」は「泰然」と同じく、物事に動じないさまを表します。二つが合わさった「泰然自若」は、どんな物事にも動じないさまを指しています。

スポンサードリンク

「泰然」の使い方

  1. 計画が失敗したとの知らせだったが、彼は泰然としていた。
  2. 追い込まれても泰然たる態度を失うことはないあの選手を、私は尊敬している。
  3. 想定外のことが起きても、彼はいつも泰然自若としていて、頼れる存在だ。

例文にあるように、「泰然」は「泰然として」や「泰然たる」という形で修飾語として使われることが多いです。「泰然自若」に関しても、同様の用法です。

「泰然」の類義語

泰然には以下のような類義語があります。

  • 自若:少しも慌てないさま
  • 従容(しょうよう):落ち着いていて、心に余裕があるさま
  • 平然:物事に動じないさま
  • 悠然(ゆうぜん):ゆったりと落ち着いているさま

四つとも、「泰然」と同じく、「~として」や「~たる」という形で修飾語として使われます。

スポンサードリンク

「泰然」の対義語

泰然には以下のような対義語があります。

  • 恐々(きょうきょう):恐れるさま
  • 動揺:心が揺れ動き、冷静さを失うさま
  • 狼狽(ろうばい):慌てふためくさま

「動揺」は、物理的に何かが揺れ動くことも指します。

「泰然」の英語訳

泰然を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • calm(calmly)
    (落ち着いた(落ち着いて))
  • cool(coolly)
    (冷静な(冷静に))
  • unruffled
    (平静な(平静に))
  • composed
    (落ち着いた)
  • with great presence of mind
    (動じずに)

それぞれを用いた例文は以下の通りです。

例文
  • Even in danger, he is always calm.
    (危機的状況に陥っても、彼はいつも泰然としている。)
  • She was always cool even when she faced the unexpected difficulty.
    (彼女は、予想外の困難に直面した時でも、いつも泰然としていた。)
  • He remained unruffled when he heard the sad news.
    (その悲報を聞いた時、彼が取り乱すことはなかった。)
  • Only the captain was composed even in a pinch.
    (ピンチに陥っても、キャプテンだけは冷静だった。)
  • He dealt with the situation with great presence of mind.
    (彼は、泰然自若としてその状況に対処した。)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「泰然」について解説しました。

読み方 泰然(たいぜん)
意味 落ち着いていて動じないさま
類義語 自若、従容、平然など
対義語 恐々、動揺、狼狽
英語訳 calm(calmly), cool(coolly), unruffled, composed, with great presence of mind

不測の事態はいつ起こっても不思議ではありません。そのような時に、「泰然」とした態度でいられると良いですね。

スポンサードリンク