「サプライチェーン」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「サプライチェーン」です。

「サプライチェーン」の意味、「サプライチェーンマネジメント」の意味、使い方、語源、類義語、似ている言葉についてわかりやすく解説します。

「サプライチェーン」の意味をスッキリ理解!

サプライチェーン(supply chain):原材料や部品の調達から製造・生産管理・販売・配送までを一連の流れとして捉える考え

「サプライチェーン」の意味を詳しく

「サプライチェーン」とは、原材料や部品の調達から製造・生産管理・販売・配送までを一連の流れとして捉える考えのことです。

または、この考えをもとにして作られた「原材料や部品の調達から製造・生産管理・販売・配送までを一連の工程とするシステム」のことです。

つまり、ある製品の原料の段階から、消費者に届くまでの工程を完全に独立したものとして扱うのではなく、連動しあうものだととらえるのです。

「サプライチェーンマネジメント」の意味

「サプライチェーン」を実際の経営に取り入れて、工程を一連の流れとして管理し、連携することを「サプライチェーンマネジメント」と言います。

「製造・生産管理・販売・配送」などがそれぞれバラバラに機能、管理されている場合、需要や消費動向に合わせて臨機応変に対応することが難しいです。

これらを連携することで、世の中の動向に素早く対応したり、消費者側の意見を取り入れやすくなったりするのです。

「サプライチェーンマネジメント」の具体例

たとえば、消費者からの意見をもらいやすいのは「販売」の工程です。「販売」と「製造」の連携ができていないと、消費者からの意見を素早く反映することは難しいです。

しかし、「サプライチェーンマネジメント」では「販売」と「製造」が連携されているので、消費者からの製品に関する意見を「製造」の工程に反映しやすいのです。

「サプライチェーン」の使い方

「サプライチェーン」には以下のような使い方があります。

  1. サプライチェーンを取り入れることによって、世の流れに素早く対応できるようになった。
  2. 最近は、サプライチェーンマネジメントが主流になっている。

「サプライチェーン」の語源

「サプライチェーン」の語源は英語の “supply chain” です。

「供給」という意味の “supply” と「連鎖」という意味の “chain” で作られた単語です。

製品を「供給」するまでの工程を「連動」「連鎖」させるという考え方であるため、このような単語になったと考えられます。

英語の “supply chain” は、カタカナ語の「サプライチェーン」と同じ「供給連鎖」という意味で使われます。

「サプライチェーン」の類義語

「サプライチェーン」には以下のような類義語があります。

  • ロジスティクス:原材料調達から生産・販売に至るまでの物流、またはそれを管理する過程

「サプライチェーン」と似ている言葉

「サプライチェーン」には以下のような類義語があります。

  • バリューチェーン:事業の工程ごとに製品やサービスに価値が付加されていくという考え
  • ブロックチェーン:ビットコインの中核の取引データを分散型台帳として実現する技術

「分散型台帳」とは、「地理的に別々のエリアにあるネットワーク間で共有されるデータベース上で作られた台帳」のことです。

つまり、中央の機関やシステムが独自で台帳を作るのではなく、別のエリアからも台帳を編集したり、確認したりすることができるのです。

まとめ

以上、この記事では「サプライチェーン」について解説しました。

英語表記サプライチェーン(supply chain)
意味原材料や部品の調達から製造・生産管理・販売・配送までを一連の流れとして捉える考え
「サプライチェーンマネジメント」の意味「サプライチェーン」を実際の経営に取り入れること
語源「供給連鎖」という意味の英単語 “supply chain”
類義語ロジスティクス
似ている言葉バリューチェーン、ブロックチェーン

「サプライチェーン」と似た言葉が複数あるので、間違えないように気を付けましょう。