意外と奥が深い!「すみません」と「すいません」の違い

違いのギモン

「すみません」と「すいません」は、様々な場面で口をついて出る言葉ですね。

それでは、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。また、どのような場面で使い分ければよいのでしょうか。

そこで、この記事では、「すみません」と「すいません」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:意味は同じだが、使う場面が異なる

両者は同じ意味をもちます。ただし、「すみません」は会話と文章の両方で使うことができる一方、「すいません」は会話でのみ使うことができるという違いがあります。

共通点:「すみません」と「すいません」の意味


「すみません」と「すいません」は、「済まない」という言葉を丁寧にした言葉です。つまり、相手に対して取り返しのつかないことをしてしまったときに、相手に何らかの感情を伝えるために発する言葉が「すみません」・「すいません」なのです。

両者には、依頼・謝罪・お礼の3つの意味があります。

①依頼

たとえば、相手に荷物を持ってほしいとき、「すみません (すいません) 」 、荷物を持ってくれませんか」と、頼み事を伝える直前に「すみません (すいません)」をつけることがありますね。

また、レストランで食べるものを注文するとき、「すみません (すいません) 」と言って店員を呼び止めてから、「この料理をください」と頼むでしょう。これらの用法が “依頼” です。

②謝罪

相手に対して申し訳ないことをしてしまったときを考えましょう。

反省の気持ちを伝えるために使う言葉には、「ごめんなさい」などのほかに、「すみません (すいません) 」という言い方がありますね。この用法が “謝罪” です。

③お礼

さらに、相手がしてくれたことに関して感謝の気持ちを伝えるために「すみません (すいません) 」と言うこともあります。この用法が “お礼” です。

冒頭で、取り返しのつかないことに対する感情を相手に抱くのが「すみません (すいません) 」の意味であると解説しました。ですから、感謝の気持ちを伝えるために「すみません (すいません) 」を使うのは、一見定義に反しているように見えます。

しかし、お礼としての「すみません (すいません) 」には、「私に利益を与えてくださったのに、私からはあなたにお返しできず、申し訳なく思います」という意味がこもっているのです。

つまり、相手が自分にしてくれたことが、自分で取り返すことができないほどに大きなことであるのですから、“お礼” の用例も定義にあてはまっているといえます。

 

このように、「すみません」と「すいません」は、依頼・謝罪・お礼の3つの意味があるという点で共通しているのです。

スポンサードリンク

違い:「すみません」と「すいません」の使い分け


ここまで、「すみません」と「すいません」の共通点について解説しました。それでは、両者はどのように使い分ければよいのでしょうか。

「すみません」は、書き言葉として、話し言葉としても使うことができますが、「すいません」は、話し言葉としてしか使えないのです

これは、「すいません」が「すみません」を言いやすく崩したものであるためです。なお、関西では「すいません」ではなく「すんまへん」「すんません」と崩す場合もあります。

 

たとえば、会話のなかで「わからない」という言葉を「わかんない」とくだけて言う場合がありますが、文章では正式な言い方である「わからない」を使いますね。「すいません」が文章中に使われないのも同じ原理なのです。

ですから、文章を書くときには、「すいません」の正式な形である「すみません」を使う必要があるのです。

注意:あらたまった場面には両方適さない


前項では、「すみません」が「すいません」の正式な言い方であることを解説しました。

ここで注意すべきなのは、「すいません」よりも「すみません」のほうが正しい形であるからといって、「すみません」を乱用してはならないということです。

「すみません」は、ほかの敬語に比べて、丁寧の度合いが低いのです。ですから、仕事場などでは「すみません」を使用するのは避けましょう。

 

たとえば、相手に頼み事をするときは、冒頭に「すみません」と言うよりも、「恐れ入りますが」と言う方が丁寧ですね。

また、間違いをおかしたときに「すみません」と言うと、軽い謝罪とみなされる恐れがありますから、「申し訳ございません」「深く反省しております」など、より丁寧な言葉を選びましょう。

さらに、公的な場面でお礼を言う際にも、「すみません」ではなく、「ありがとうございます」「恐縮です」などと述べることが好ましいとされます。

このように、あらたまった場面では、「すいません」はもちろんのこと、「すみません」も使わないようにして、より丁寧な言葉を用いることが重要です。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「すみません」と「すいません」の違いについて解説しました。最後に、両者の共通点と相違点をおさらいしましょう。

「すみません」と「すいません」の共通点は、以下の3つの意味があるということです。

  • 依頼
  • 謝罪
  • お礼

しかし、両者には次のような相違点があります。

  • すみません:書き言葉・話し言葉
  • すいません:話し言葉のみ

「すみません」と「すいません」は、普段何気なく使ってしまう言葉です。しかし、書き言葉には「すみません」しか使えないことや、ビジネスシーンでは「すみません」・「すいません」よりも丁寧な言葉を選ばなくてはならないことなど、注意すべき点がたくさんあるのです。

思わず言ってしまう前に、その場面に「すみません」や「すいません」という言葉が適切かどうか、一度心の中で考えてみることが大切ですね。

◉参考文献:倉島節尚監修,稲葉茂勝著 (2014) 『言葉は大事だ!じてん あいさつ・マナー・敬語 ②学校生活編』新日本出版社.

スポンサードリンク