「サブスクライブ」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「サブスクライブ」です。

「サブスクライブ」の意味・使い方・語源・類義語・対義語についてわかりやすく解説します。

「サブスクライブ」の意味をスッキリ理解!

サブスクライブ(subscribe):購読する、配信を受け取る

「サブスクライブ」の意味を詳しく

「サブスクライブ」は「購読する」「配信を受け取る」という意味のカタカナ語です。たとえば、インターネットで新聞を読んでいるとします。記事の中には、「これより先は有料会員向けのコンテンツです」と表示されることがあります。

その横に「サブスクライブボタン」があって、そちらをクリックして登録をすれば有料コンテンツを閲覧可能になります。要するに購読をした状態になるのです。

「サブスクリプション」との違い

「サブスクリプション」との違いは、名詞か動詞かの違いです。「サブスクリプション」が名詞で、「サブスクライブ」が動詞です。「購読」と「購読する」の違いですね。

「サブスクリプション」は主に「定期購読」といった意味で使います。また、「サブスク」と略して使うことも多いです。

ゲームでの意味

ゲームでは、「ユーザーが独自に作ったデータをゲームの中に導入する」という意味です。ゲームのダウンロードや、他のユーザーと交流する「steam(スチー厶)」というものがあります。

そこで「MOD」と呼ばれるユーザーが独自に作ったデータを購入することを「サブスクライブ」と言います。

ITでの意味

「サブスクライブ」はIT用語としても使いますが、「サブスクリプション」の形で使うことも多いです。多くの場合、「サービスなどを契約する」「定期購入する」という意味です。

たとえばITには、「Adobe(アドビ)」というメーカーのソフトがあります。一般的にこのソフトを使用するためには、月額で課金しなければなりません。「サブスクライブ」をして使用します。

YouTubeやTwitchでの意味

「サブスクライブ」は最近よく「チャンネル登録」という意味でYouTube用語として使います。

「サブスクライブをお願いします」と言っているのは、「チャンネル登録をお願いします」という意味だったのです。

また、同じような配信系のサービスとしてTwichがありますが、ここでも「サブスクライブ」を使います。月額で課金して配信者を支援することです。

「サブスクライブ」の使い方

  1. 今すぐサブスクライブしてダウンロードする。
  2. サブスクライブカウンターを見て動向を分析する
  3. サブスクライブして有料コンテンツを閲覧する。

「サブスクライブ」を使用するのは何かサービスについて言及するときが多いです。①の例文は非常によく使います。「会員登録してダウンロードする」という意味です。

多くの場合、メールアドレスを入力して会員登録をすることを引き換えにデータなどをダウンロードすることが可能です。

 

②の例文の「サブスクライブカウンター」はYouTubeなどでよく使います。チャンネル登録者数を表示するカウンターのことです。③の例文はオンラインの新聞などについて述べたものです。

「サブスクライブ」の語源

「サブスクライブ」の語源は英語のsubscribeです。カタカナ語と意味はほぼ同じですが、英語には「寄付する」「署名する」などの意味もあります。

名詞型はsubscriptionでカタカナ語と同じです。YouTubeの英語版サイトを見ると、「チャンネル登録」のボタンがきちんと「subscribe」と表示されています。

「サブスクライブ」の類義語

「サブスクライブ」には以下のような類義語があります。

フォロー

「フォロー」とは「支援する」という意味のカタカナ語です。「配信を受け取る」というような意味合いはありませんが、YouTubeの「サブスクライブ」に似た意味があります。

主にSNSで何か投稿している人を支援したり、関心を払うという意味で「フォロー」を使います。

「サブスクライブ」の対義語

「サブスクライブ」には以下のような対義語があります。

アンサブスクライブ

「アンサブスクライブ」は「登録解除」という意味です。一度「サブスクライブ」したものを辞めることです。

パブリッシュ

「パブリッシュ」は「発行する」という意味です。「サブスクライブ」するコンテンツを発信するという側のことで「パブリッシュ」を行う人物を「パブリッシャー」とも言います。

まとめ

以上、この記事では「サブスクライブ」について解説しました。

英語表記サブスクライブ(subscribe)
意味購読する、配信を受け取る
語源英語のsubscribe
類義語フォローなど
対義語アンサブスクライブ、パブリッシュなど

「サブスクライブ」は日常生活でもよく使う単語です。やはり、意味が分からないと困る時もあります。

ぜひ、この記事を参考にして「サブスクライブ」の意味や使い方を覚えましょう。