「ステータス」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ステータス」です。

「ステータス」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ステータス」とは?

ステータス(status):地位

「ステータス」の意味を詳しく

「ステータス」は「地位」という意味のカタカナ語です。特に「社会的地位」「身分」という意味を指しています。例えば「部長」「社長」などの肩書きや「高級腕時計」「スポーツカー」といったものが「ステータス」として挙げられます。

すぐに見ただけでどれくらいの価値なのか分かる物たちです。

そしてもう1つ別の意味があります。それが「状態」という意味です。この意味は主にゲーム用語やIT用語として使います。例えばゲームに登場するキャラクターの能力や体力のことを指します。一方でIT用語として使用される場合は、「コンピュータなどが動作している際の状態」を意味します。

スポンサードリンク

「ステータス」の使い方

  1. ステータスが高い男性と結婚することが夢だ。
  2. このキャラのステータスはとても高いので、重宝する。
  3. コンピュータに異常が起きていないかステータスチェックを行う。

「ステータス」を用いるのはITやゲーム、ビジネスなど幅広い分野で使用されます。「ステータス」は名詞として使用することが一般的です。

①の例文では、「ステータス」は「地位」という意味で使用されています。つまり「地位が高い男性」について述べているのがこちらの例文です。

②の例文は、ゲームに関する例文です。「ステータス」は「状態」を表しています。つまり、キャラクターの能力などが高いと言っているのです。

③の例文は、コンピュータに関する例文です。「ステータスチェック」という単語は、「状態に異常が発生していないかどうかを検査すること」です。コンピュータの機能として、「ステータスチェック」を使用することもあるので覚えておくと役に立ちます。

「ステータス」の語源

「ステータス」の語源は英語の “status” です。「地位」「身分」という意味があります。カタカナ語とほぼ同じ意味で使うことができます。

スポンサードリンク

「ステータス」の類義語

「ステータス」には以下のような類義語があります。

  • スペック:仕様
  • ノーブル:高貴
「スペック」は、「仕様」という意味のカタカナ語です。「スペック」はスマートフォンやコンピュータの機能を数値で表した仕様を指していることが多いです。例えば「メモリが2GB」などです。「メモリ」とはデータを記憶する装置のことです。

一方で人について言及する時にも「スペック」を使用します。年収や年齢などその人を数値化できる物について「スペック」と呼ぶことがあります。もし人や物を数値化してとても「スペック」が高い場合には「ハイスペック」と呼ぶことがあります。

「ノーブル」は「高貴」という意味のカタカナ語です。特に「貴族」など上品な様子のことです。また「ノーブル」は「ハイスペック」の意味に近いです。

「ステータス」も肯定的な単語として扱われます。そのため「ステータスがある」という場合には「外見だけではなく中身もきちんとしている」という場合もあります。共通点があるケースが多いです。

まとめ

以上、この記事では「ステータス」について解説しました。

英語表記 ステータス(status)
意味 地位
語源 英語の “status”
類義語 スペック、ノーブルなど

「ステータス」は日常の生活でもよく使う単語です。日本語で「地位」というよりもソフトなニュアンスになるので非常に使いやすい単語でもあります。意味を理解しておくと「ステータス」が上がるかもしれません。

ぜひこの記事で「ステータス」の意味や使い方を理解して日常の生活で使いこなせるようになりましょう。

 

スポンサードリンク