「送付(そうふ) 」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「送付(そうふ)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「送付」の意味をスッキリ理解!

送付(そうふ):書類などを送り届けること。

「送付」の意味を詳しく

「送付」は、書類などを送り届けることという意味です。

「送付」はビジネスの場面でよく用いられる言葉ですが、改まった言い回しであるため、日常の会話で使用するときには「送る」で問題ありません。

「送付」の使い方

  1. 入学願書を事務局に送付する。
  2. 先日の会議の資料をご送付させていただきました。
  3. お手数ですが、資料をご送付願えないでしょうか。

②の例文のように、「送付」に敬意を表す接頭語「ご」をつけることで相手を敬う表現になります。普段は「送ります」「お届けします」でも構わないのですが、丁寧な印象を与えることができる「ご送付」はビジネスシーンでよく使われます。

③の例文のように、相手に対して、こちらの要望を丁寧にリクエストする場合にも「ご送付」を使用できます。「お送りください」では言葉が柔らかいため、丁寧さの中にも強めのリクエストを含む「ご送付ください」の方が伝わりやすいでしょう。

「送付」の語源

「送付」を構成する漢字の意味は、それぞれ以下の通りです。

  • :物などを他所へおくりとどける、つかわす、やる
  • :さずける、与える、渡す

「送付」の類義語

「送付」には以下のような類義語があります。

  1. 郵送:郵便で送ること
  2. 送信:(電気的な方法で)通信を送ること。
  3. 添付:書類などに、あるものをつけ添えること。

①の「郵送」は、「郵便」で送ることという意味があります。

送られてくる手段を明確にした方が相手も受け取りやすいことが多いでしょう。そのため、郵便の際には「郵送いたします」、宅配の際には「宅配にて郵送いたします」のように使い分けると丁寧でしょう。

②の「送信」は、電子メールを送る際に使います。主に現在では「eメール(またはファックス)で送ること」を示します。

 

③の「添付」は、「詳細は添付の資料をご確認ください」のように、補足的な役割をする何かを追加している時に使われます。

「送付」との違いは以下の通りです。

「送付」と「添付」の違い
  • 送付:「物を送ること」自体
  • 添付:メインとなる書類などに別の物を付け添えること

それぞれの類義語の例文は以下の通りです。

  1. 本日、弊社のカタログを郵送いたしました。
  2. 先程、部長宛てにメールを送信いたしました。
  3. 履歴書に証明写真を貼付する。

「送付」の対義語

「送付」には以下のような対義語があります。

  1. 受理:書類・投稿論文などを受けつけること。
  2. 持参:品物・金銭を持って行くこと、持って来ること。
  3. 受け取り:金銭・品物などをうけとること

それぞれの対義語の例文は以下の通りです。

  1. 婚姻届を受理する

  2. セミナー参加者は、テキストと筆記具をご持参ください。

  3. 課長宛ての電話伝言を取引先から受け取りました。

「送付」の英語訳

「送付」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • send
    (送付する)

send”は、もっとも一般的な「送る」という表現です。何を送るか、どのように送るかに関係なく、とにかくA地点からB地点へと何かを送るという意味があります。

広い意味で使用できるため、迷ったときは“send”を使っておけば、まずは間違いありません。

例文は以下の通りです。

  • I sent the document to you by mail.
    (あなたに郵便で資料を送付しました。)
  • We will send you the purchase order form by e-mail.
    (価格表を受取り次第、メールで発注書を送付いたします。)

まとめ

以上、この記事では「送付」について解説しました。

読み方送付(そうふ)
意味書類などを送り届けること
語源「物などを他所へおくりとどける」と「つかわす」という意味の漢字から
類義語郵送、送信、添付など
対義語受理、持参、受け取りなど
英語訳send(送付する)

ビジネスシーンのメールや電話のやり取りでよく耳にする言葉だと思います。「郵送」や「添付」と使い分けることで受け取る側に丁寧な印象を与えることができます。