四字熟語「先手必勝(せんてひっしょう)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「先手必勝(せんてひっしょう)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「先手必勝」の意味をスッキリ理解!

先手必勝(せんてひっしょう):先に行動した者が成功するということ

「先手必勝」の意味を詳しく

「先手」は人よりも先に行うこと、「必勝」は必ず勝つことを指します。

ゲームの局面(将棋や囲碁などの盤の表面)で言うことが一般的です。しかし、ゲームだけでなく、試合や勝負事、日常生活においても、先に行動を仕掛け、相手の出鼻をくじくことで有利にする際に使われます。

スポンサードリンク

「先手必勝」の使い方

  1. 彼女は試合が始まると同時に、先手必勝とばかりに攻撃を仕掛けた。
  2. 我が家の食卓は先手必勝のため、急がないとおかずを全部食べられてしまう。
  3. スクープを狙う新聞や雑誌の記者には、他紙よりも早く、先手必勝で記事を書くことが求められる。

先手必勝は、座右の銘としてもよく用いられる四字熟語です。

スポーツなどの勝負事はもちろん、ビジネスシーンでも使われますが、②のように日常生活を表現することもできます。

「先手必勝」の由来

先手必勝の由来は、日本の将棋や囲碁にあります。

将棋や囲碁のように、二人で交互に着手して展開するゲームにおいて、最初の一手(初手)を着手する側を先手(せんて)、着手しない側を後手(ごて)と言います。

先手の方が後手よりも、勝率が少し高いことが分かっているため、先手必勝という四字熟語が出来たとされています。

スポンサードリンク

「先手必勝」の類義語

先手必勝には以下のような類義語があります。

  • 先制攻撃(せんせいこうげき):相手よりも先に攻撃すること

「先手必勝」の対義語

先手必勝には以下のような対義語があります。

  • 後手必勝(ごてひっしょう):ゲームや試合において、後手が必ず勝つこと

先手必勝の対義語は、「先手」のみ対義語にした「後手必勝」となります。

なお、後手が必ず破れるとは言い切れないため、「後手必敗(ごてひっぱい)」という対義語はありません。

スポンサードリンク

「先手必勝」の英語訳

先手必勝を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • First come, first served.
    (先着順、早い者勝ち)
  • Whoever strikes first wins.
    (最初に攻撃した方が勝つ)
  • victory goes to the one who makes the first move
    (先手必勝)
  • being quick to take action leads to victory
    (先手必勝)
  • The devil take the hindmost.
    (早い者勝ち)
  • The early bird gets the worm.
    (早起きの鳥は虫を捕らえる)
  • The foremost dog catches the hare.
    (一番先の犬がウサギを捕らえる)

“The devil take the hindmost.” には、元々「逃げ遅れたものは悪魔に食われろ」という意味があり、そこから転じて「早い者勝ち」という意味になりました。「悪魔に食われろ」は、暗に「どうとでもなれ」という意味を含みます。

“The early bird gets the worm.” は、日本語のことわざの「早起きは三文の得」とも訳されますが、早く行動した者が得をするという意味では、四字熟語の先手必勝としても当てはまります。

“The early bird gets the worm.” と “The foremost dog catches the hare.” は、それぞれworm(虫)やhare(野ウサギ)といった獲物をつかまえることが出来るという意味です。自然界でもスピードが速い者が有利とされていることが分かります。

まとめ

以上、この記事では「先手必勝」について解説しました。

読み方 先手必勝(せんてひっしょう)
意味 先に行動した者が成功するということ
由来 将棋や囲碁において、先手の方が勝率が高いとされることから
類義語 先制攻撃など
対義語 後手必勝など
英語訳 First come, first served(先着順、早い者勝ち), The devil take the hindmost(早い者勝ち), The early bird gets the worm(早起きの鳥は虫を捕らえる)など

将棋や囲碁といった日本の伝統的なゲームから生まれた四字熟語ですが、現在も幅広い意味で使われています。

何事にも先手必勝で、勝利をつかむことができると良いですね。

スポンサードリンク