故事成語「青天の霹靂」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「青天の霹靂(せいてんのへきれき)」です。

言葉の意味・由来・類義語・英語訳・例文についてわかりやすく解説します。

「青天の霹靂」の意味をスッキリ理解!

青天の霹靂思いがけず起こった衝撃的なことや驚くようなこと

「青天の霹靂」の意味を詳しく


青天の霹靂とは、「思いがけず起こった衝撃的なことや驚くようなこと」という意味です。

「青天の霹靂」のそれぞれの漢字の意味は以下のようになっています。

「青天の霹靂」の漢字の意味
  • 青天:晴れ渡った空
  • 霹靂:激しい雷や雷鳴

つまり、「青天の霹靂」とは、「青く晴れ渡った空に突然激しい雷鳴が起こること」なのです。

これが突然に驚くようなことが起こることの比喩になっています。

ちなみに、青天の霹靂はポジティブな場面でも、ネガティブな場面でも用いることができます。

「晴天の霹靂」は誤用

青天の霹靂は「晴天の霹靂」と書かれることもありますが、これは間違いです。

なぜなら、「晴天」は「晴れた空」ではなく、晴れた天候そのものを表しているからです。

また、「晴天」は雲一つない青空である必要はなく、多少は雲があっても大丈夫なので、「青天」とは意味がずれてしまいます。

「青天の霹靂」の使い方

「青天の霹靂」は以下のような使い方ができます。

  1. すべてがうまくいっていた時に解雇を言い渡されたのは青天の霹靂だった。
  2. 長らく連絡を取っていなかった友達から結婚式の招待状が届いたのは青天の霹靂だった。

➊ではネガティブな意味で使われていますが、➋ではポジティブな意味で使われています。

「青天の霹靂」の由来

「青天の霹靂」の由来は陸游(りくゆう)の『九月四日鳥未だ鳴かず起きて作る』という詩です。

この詩の中に「青天に霹靂を飛ばす」という表現が出てくるのですが、これが語源になっています。

ある時、陸游は病気で寝ていましたが、突然に起きだして筆を走らせました。

この様子が「青天に霹靂を飛ばす」と表現されました。

 

その勢いを雷に例えたのが「青天の霹靂」という表現なのです。

そのため、青天の霹靂は本来は筆の勢いを表していました。

その後、意味が広がって現在のような意味で使われるようになったのです。

「青天の霹靂」の類義語

青天の霹靂には以下のような類義語があります。

  • 足元から雉(きじ)が立つ:身近で突然意外なことが起こること
  • 足元から煙が出る:身近で突然意外なことが起こること
  • 足元から鳥が立つ:身近で突然意外なことが起こること
  • 寝耳に水:突然意外な事が起こって驚くこと
  • 藪から棒:思いがけないことが前兆なく起こること
  • 窓から槍:突然の出来事のこと

「青天の霹靂」の対義語

「青天の霹靂」には以下のような対義語があります。

  • 予定調和:物事が予想通りに進むこと
  • 示し合わせ:事前に相談して話を進めること

「青天の霹靂」の英語訳

「青天の霹靂」を英語にすると、以下のような表現になります。

  1. a bolt out of the blue
    (青空から雷)
  2. a bolt from the blue
    (青空から雷)
  3. all of a sudden
    (突然)

❶と❷はややくだけた表現です。

ビジネスの場面では “all of a sudden” を使いましょう。

まとめ

この記事では「青天の霹靂」について解説しました。

読み方青天の霹靂(せいてんのへきれき)
意味思いがけず起こった衝撃的なことや驚くようなこと
由来陸游の『九月四日鳥未だ鳴かず起きて作る』という詩
類義語足元から雉が立つ、寝耳に水、藪から棒など
対義語予定調和など
英語訳a bolt from the blue(青空から雷)など

「青天の霹靂」は意外と使用頻度が高い言葉です。

しっかりと正しい場所で使っていきたいですね。