契約をするときに必須!「 押印」と「捺印」の違い

違いのギモン

仕事をしていると、取引先や上司にハンコを押してもらう機会があると思います。そうでなくても、契約をする時にはハンコを押すことが多いですよね。

そして、ハンコを押すという意味で使われる言葉としては「押印(おういん)」と「捺印(なついん)」がありますよね。この2つの言葉の間に違いはあるのでしょうか。

今回はこの2つの言葉の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:押印は法律上で、捺印は日常会話で使われることが多い

「押印」と「捺印」はどちらも「印鑑をおす」という意味です。日常生活ではほとんど使い分けられることはありません。

ですが、押印は法律用語として使われることが多いです。一方、捺印は日常会話で使われることが多いです。

「押印」の解説

押印とは印鑑をおすという意味です。

そして、法律用語では必ず押印を使います。なぜなら、「捺」という漢字は当用漢字(※1)外で、法令などでは用いられないからです。

また、押印という言葉はもともと、「記名押印」を略してできた言葉です。ちなみに、記名とはパソコンなどで印刷して氏名を表示したり、代筆で氏名を書いたりすることです。

このことから、一般的には氏名を手書きせず、印鑑だけおす場合に押印という言葉が使われることが多いです。

  • 当用漢字(※1):1946年に制定された、日常的に使用される1850の漢字のこと。
スポンサードリンク

「捺印」の解説

捺印とは印鑑をおすという意味です。これは押印と同じですよね。そして、この言葉は日常会話でよく使われます。また、この言葉はおされた印章(印鑑の正式名称)のことも指します。

そして、この言葉は「署名捺印」を略した表現です。署名とはサインのことで、自分の氏名を手書きすることです。そのため、一般的には署名と一緒に印鑑をおす場合に使われます。

ちなみに、署名+捺印は証拠能力が高く、より慎重に行う必要があります。

まとめ

以上、この記事では、「押印」と「捺印」の違いについて解説しました。

  • 押印:法律用語で使われ、印鑑だけおす場合に用いられる
  • 捺印:日常会話で使われ、署名と一緒に行う場合に用いられる
「押印」と「捺印」はほとんど使い分ける必要がない言葉です。しかし、読み方が少し難しいので、その点は少し注意したほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク