「捺印(なついん)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「捺印(なついん)」です。

言葉の意味・使い方・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「捺印」の意味をスッキリ理解!

捺印:印鑑を押すこと。また、印鑑を押した印影

「捺印」の意味を詳しく

「捺印」は、「印鑑を押すこと」と「押されたもの(印影)」のどちらの意味ももっています

「印鑑を押すこと」を「捺印する」と言います。文書等に書かれていることを承認する意思表示として印鑑を押す際、「捺印する」を用いることが多いです。

さらに、文書の上に押されたもの(印影)も、「捺印」と言い表せます。

「捺印」と「押印」の違い

ところで、「捺印」と似た意味の言葉として「押印(おういん)」があります。「押印」も、「印鑑を押すこと」という捺印と共通の意味があります。では、「捺印」と「押印」には、どのような違いがあるのでしょうか。

まず、「押印」には印影の意味はなく、「印鑑を押すこと」という意味のみがあります。また、それだけでなく、同じ「印鑑を押すこと」の中でも、その信用度に違いがあります。

 

「捺印」は、「署名捺印」という形で「署名」とセットで使われます。署名とは、サインとも言うように、本人が手書きで名前を書いたものです。

一方「押印」は、「記名押印」という形で「記名」とセットで使われます。署名と違って、名前が印刷されているものを記名と言います。

手書きの方が文書としての信用性は高いため、署名捺印の方が記名押印よりも信用されます。

 

法的には、押印をもって法的効力が認められます。押印だけでも、記名押印でも、署名だけでも、署名捺印でも、法的効力がある事には変わりありません。

ただし、さきに述べた順に、法的効力は高まります。署名捺印が最も信用度が高いということです。

捺印をする際のポイント

捺印をするときに使う印には、さまざまな種類があります。

最も法的効力が高いのは、「実印(=認印[みとめいん])」です。「届出印(とどけでいん)」とも言うように、役所に本人のものであるという届け出をしてある印です。実印は、銀行口座を作るときや家を借りる時など、非常に重要な契約を結ぶときに使います。

普段は、実印ではなく、普通の印鑑を使うことが多いでしょう。印鑑でも、ほとんどの場合は捺印に法的効力が認められます。

ただし、朱肉を必要としないいわゆる「シャチハタ」は、法的効力を持たない場合が多いです

 

また、捺印をするときは、後で悪用されることのないように気をつける必要があります。ある文書に押した捺印(印影)が、コピーされたり切り貼りされたりして、自分が見たことのない契約書に使われてしまうことがあるからです。

こういった悪用を防ぐために、真っ白な紙の上ではなく、何かが書かれているところに押すことが大切です

捺印するべき箇所にマル印マークがあれば、その上に押します。もしなければ、署名した文字に少し重なるように押すのが良いでしょう。

スポンサードリンク

「捺印」の使い方

  1. こちらにご捺印をお願いします。
  2. お送りした契約書に署名捺印の上、封筒に入れて返送してください。
  3. 捺印がかすれていたので、もう一度別の場所に捺印をお願いいたします。

捺印をお願いするときは、例文❶の「ご捺印」のように「ご」をつけて丁寧語にします。

ただし、例文❸の「お願いいたします」というような丁寧な文章が続くときは、「ご」をつけない場合もあります。「ご捺印お願いいたします」という表現がくどい敬語だと感じた場合は、「ご」を外して「捺印」としても良いでしょう。

「捺印」の英語訳

「捺印」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • seal
    (捺印する[動詞])
  • execute
    (契約を結ぶ)

英語文化圏では、文書に捺印する習慣がありません。かわりに署名( “signature” )が契約を結んだ証しとなります。しかし、日本で造られた文書をもとに契約を結ぶ場合は、英語で捺印をお願いする必要があるでしょう。

そのときは、文字通り訳して “seal” と言うこともできます。しかし、捺印が「契約を結んだ証しを残すこと」であれば、捺印を直接訳すことにこだわる必要はないとも言えます。

そのような場合は、 “execute” と言うこともできます。これは、「契約を結ぶ」という意味であるため、「署名捺印する」の英語訳として使いやすいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「捺印」について解説しました。

読み方捺印(なついん)
意味印鑑を押すこと。また、その印鑑を押した印影
英語訳seal(印鑑を押す), execute(契約を結ぶ)

捺印は、ビジネスや暮らしの重要な場面で必要になります。正しく理解して、捺印が必要な場面の準備をしっかりとしておきましょう。

スポンサードリンク