「留意(りゅうい)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「留意(りゅうい)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「留意」の意味をスッキリ理解!

留意(りゅうい):ある物事に心をとどめて、気をつけること

「留意」の意味を詳しく

「留意」とは、「ある物事に心をとどめて、気をつけること」という意味です。

「警戒」や「注意」など、他の「気をつける」という意味を持つ言葉と比べると、「留意」の気をつける程度は弱めです。「気をつけるべきことを頭の片隅においておく」といったイメージを持つといいでしょう。

スポンサードリンク

「留意」の使い方

「留意」の使い方の例として、以下のような文が挙げられます。

  1. 健康に留意して塩分を控える。
  2. くれぐれもお体にご留意してお過ごしくださいませ。
  3. この道具を扱う際には、留意点が3つあります。

上記の例文のように、「留意」は「留意する」というように動詞の形で使われるのが一般的です。

 

①の例文の「留意」は、「気をつける」と言い換えることができます。このように、「常に注意を払う」というよりも「必要な時に気をつける」というニュアンスを持っています。

また、②のように「留意」は、ビジネスシーンでもよく用いられます。この場合の「留意」は、メールなどの文面で相手の健康を気遣う意味を持っています。

③にあるように、「留意点」という言い回しも多く使われています。

「留意」の類義語

留意には以下のような類義語があります。

  • 注意:気をつけること。また、悪いことが起こらないように警戒すること
  • 用心:心を配ること。また、万一に備えて注意・警戒を怠らないこと

これらの熟語は、「気をつけること」という意味を表しているという点で「留意」と共通しています。ですが、それぞれの使い方やニュアンスは異なっています。

「注意」は、気をつける対象が具体的、もしくは瞬間的な場合に用いられます。対して、「留意」が使われる対象は抽象的なものや、ある程度の時間継続する必要のあるものです。例を挙げると、「道に飛び出す子ども」には「注意」を用い、「健康」には「留意」を用います。

次に「用心」は、「悪い事態に陥らないようにする」という意味合いが強いです。例えば、健康状態が悪くなる「風邪」に対しては、「風邪に用心する」というように用いることができます。

スポンサードリンク

「留意」の対義語

留意には以下のような対義語があります。

  • 油断:あることを見くびって気を許し、注意を怠ること
  • 失念(しつねん):うっかり忘れること

「留意」の反対の意味は、「ある物事について、気をつけないこと」です。

「油断」と「失念」は、どちらも気をつけるべき時に、注意を払わないさまを表しています。

「留意」の英語訳

留意を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • attention
    (注意、配慮)

英語で「留意」の意味を表したい場合は、 “attention” を用いましょう。

動詞の形で「~に留意する」と表現するには、 “pay attention to ~” というように英訳できます。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「留意」について解説しました。

読み方 留意(りゅうい)
意味 ある物事に心をとどめて、気をつけること
類義語 注意、用心
対義語 油断、失念
英語訳 attention(注意、配慮)

「留意」という言葉は身近に使われていますが、意味をきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか。

いざ「留意」という言葉を使う場面が来た時は、他の類義語とのニュアンスの違いに留意して、正しく用いることができるようにしましょう。

スポンサードリンク