「ロイヤリティ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ロイヤリティ」です。

「ロイヤリティ」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ロイヤリティ」の意味をスッキリ理解!

ロイヤリティ(royalty):特許権、著作権などの使用料
ロイヤリティ(loyalty):特定のブランドや商品に感じる愛着感や信頼

「ロイヤリティ」の意味を詳しく

「ロイヤリティ(royalty)」とは、特許権、商標権、著作権などの権利使用料や印税のことです。「ロイヤリティー」と伸ばし棒をつけたり、「ロイヤルティ」など英語の発音に近い表記をしたりすることもあります。

ロイヤリティの例として、コンビニや飲食店などフランチャイズ契約(※)をしている店舗が売り上げの一部を本部に支払う使用料があります。

また楽曲などの知的財産を使用する場合、作曲者や作詞者など著作権を持つ人に対してロイヤリティが発生します。一方で、ロイヤリティフリーのように使用を許可された範囲で、著作権に関係なく自由に何度でも使用できるものもあります。別名、著作権フリーとも言います。

 

また同じカタカナ表記で “loyalty” という英語が由来の「ロイヤリティ」もあります。「ロイヤリティ(loyalty)」とは、顧客が特定のブランドや商品に対して感じる愛着や信頼、思い入れのことです。特に以下の2つのマーケティング用語がよく使われます。

  • 顧客ロイヤリティ (customer loyalty):
    顧客が特定のブランドや商品に対して愛着や信頼を持ち、繰り返し購入をしたりサービスを利用したりすること。ブランド・ロイヤリティ、ユーザーロイヤリティとも言う。
  • 従業員ロイヤリティ (employee loyalty):
    従業員が働いている組織に対して抱く好意的感情や信頼、精神的つながりのこと。

このようにロイヤリティは、日本語では発音が同じですが、“royalty” と “loyalty” という2つの異なる単語であるため注意しましょう。

フランチャイズ:店名やロゴなどの商標権やその他経営技術を加盟店に貸す代わりに、加盟店からロイヤリティという収入を得る仕組みのビジネスモデル
スポンサードリンク

「ロイヤリティ」の使い方

ロイヤリティ(royalty)の例文
  1. フランチャイズの契約を結ぶには毎月ロイヤリティを支払う必要がある。
  2. ロイヤリティフリーの素材をダウンロードする。
  3. アーティストの収入にはCMの挿入歌として使われた楽曲のロイヤリティも含まれる。
上の例文のように、権利使用料の支払いなどのビジネスシーンで使われます。

 

ロイヤリティ(loyalty)の例文
  1. 顧客ロイヤリティの向上が業績を上げるために必要だ。
  2. この会社は社員のロイヤリティを重要視している。
  3. リピーターが多い店舗はロイヤリティが高いことがわかる。

上の例文のように、信頼度や愛着度としての「ロイヤリティ」が「高い」「低い」などの表現を後ろにつけて用いられることが多いでしょう。

「ロイヤリティ」の語源

ロイヤリティの語源は英語の “royalty” と“loyalty”から来ています。

“royalty”は、「王族」、「王族の持つ特権」、「高貴さ」といった意味があります。

“royalty” の形容詞である “royal” は「王族の」「皇族の」という意味があります。王室という意味である “royal family (ロイヤルファミリー)” 、王室の結婚式である “royal wedding (ロイヤルウェディング)” は日本語でもそのまま使われている言葉です。

権威のある人の特権を使用するためにお金を納めることから、「使用料」、「著作権」、「印税」といった意味が生まれました。

 

一方で、 “loyalty” は、もともと君主や祖国、主義などへの「忠誠」、「忠実」、「誠実」という意味があります。そこから「忠誠心」や「忠実な行為」のことも指すようになりました。

常連のお客様優待カードやポイントカードのことを “loyalty card (ロイヤリティカード)” と言います。また、このような顧客の忠誠度を上げるための一連のマーケティング戦略を “loyalty program (ロイヤリティプログラム)” と言います。

スポンサードリンク

「ロイヤリティ」の類義語

「ロイヤリティ(royalty)」には以下のような類義語があります。

  • ライセンス(licence):知的財産の使用・実施を許可すること
ライセンスの使用料のことを「ライセンス料」や「ライセンスフィー」と言います。この2つは「ロイヤリティ(royalty)」と実質的に同じ意味です。

 

一方、「ロイヤリティ(loyalty)」には以下のような類義語があります。

  • エンゲージメント(engagement):顧客や従業員、企業との双方向の信頼関係
「エンゲージメント(engagement)」には、もともと「約束」や「契約」という意味があります。マーケティング用語としてのエンゲージメントは、「ロイヤリティ(loyalty)」に似ていますが、企業や顧客、従業員同士のより強いつながりのことを意味します。

また、ロイヤリティは一方向の信頼度を表しているのに対し、エンゲージメントは双方向の信頼関係を表現していることが異なります。近年では、SNSを使って「ユーザーと運営者のつながり = エンゲージメント」を指標化する動きもあります。

まとめ

以上、この記事では「ロイヤリティ」について解説しました。

英語表記ロイヤリティ (royalty)ロイヤリティ (loyalty)
意味特許権、著作権などの使用料特定のブランドや商品に感じる愛着感や信頼
語源英語の “royalty” 「王族」「王権」という意味英語の “loyalty” 「忠誠」「誠実」という意味
類義語ライセンス料、ライセンスフィーエンゲージメント

同じカタカナ表記でも語源と意味の異なる「ロイヤリティ」についておわかりいただけたでしょうか。状況によってどちらの意味で使われているか判断していきたいですね。

スポンサードリンク