「リノベーション」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「リノベーション」です。

「リノベーション」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「リノベーション」とは?

リノベーション(renovation):改革

「リノベーション」の意味を詳しく

「リノベーション」の意味は、再開発や改革です。特に既にあるシステムの一部分を再利用して、新しい事業を行ったりすることを意味しています。

建築用語として、「リノベーション」はよく利用されます。建築用語で使われる場合は、大規模な工事を意味します。既に建てられた建物を基に、改修工事を行なって新しく魅力的な建物にすることです。

スポンサードリンク

「リノベーション」の使い方

  1. リノベーション物件なので、住むのが楽しい。
  2. 東京のリノベーション案の1つは、築地移転だ。
  3. 既存の製品をリノベーションして、全く異なった商品として売る。

「リノベーション」がよく使われるのは、建築やビジネス、都市開発の場面です。そのため、個人の会話で「リノベーション」について述べることはあまりありません。特に、建築用語で主に使われます。そのため、使用方法も限られています。

①の例文は、建築に関する例文です。マンションやアパートのほぼ全てを壊して、新しい建物にした物件をリノベーション物件と言います。

 

②の例文は、都市開発に関する例文です。都市のリノベーションは、今まであった観光名所や歴史的な場所など、既にある場所を取り壊して全く新しいものに変えることです。

③の例文は、ビジネスに関する例文です。飲み物などの商品でよく使われます。既に製品として発売している商品をもとに、新しい商品を作ります。重要なエッセンスのみ残した全く違う商品をリノベーション商品と言います。

「リノベーション」の語源

「リノベーション」の語源は、英語の “renovation” です。カタカナ語の「リノベーション」と意味が同じです。そのため、カタカナ語と混同せずに使用することができます。

スポンサードリンク

「リノベーション」の類義語

「リノベーション」には以下のような類義語があります。

  • リフォーム: 改変
  • アップデート:更新

「リフォーム」も「リノベーション」と同じように、既にあるものを新しくして「付加価値を与える」という意味です。「リノベーション」と同じように、建築の場面でよく使われます。「リノベーション」より「リフォーム」の方がよく使われます。

このことは、「リノベーション」と「リフォーム」の意味の違いに関係があります。「リノベーション」は、既にあるものをまず打ち壊します。ほぼゼロの状態です。本当に重要なものだけ残します。

そこから、新しくして価値のあるものにするのが「リノベーション」です。しかし、「リフォーム」は異なっています。

 

「リフォーム」は、既にあるものの一部分を変えれば「リフォーム」と見なされます。つまり、程度の度合が異なるのです。そのため、例えばリビングの壁紙を変えるだけでも、「リフォーム」になります。

このような理由があるため、「リフォーム」がよく使われるのです。自分1人でできそうなものが、「リフォーム」です。

 

「アップデート」は、「更新」という意味のカタカナ語です。スマートフォンをお使いの方なら、一度は耳にしたことがある単語です。「アプリをアップデートする」や「スマートフォンのデザインをアップデートする」などと言います。

「リノベーション」と、「新しくする」という意味では一緒です。しかし、「アップデート」は、「既にあるものを改良する」という意味が強いです。そのため、新しくするために何かを壊すということはしません。

まとめ

以上、この記事では「リノベーション」について解説しました。

英語表記 リノベーション(renovation)
意味 改革
語源 英語の “renovation”
類義語 リフォーム、アップデートなど

「リノベーション」は、建築用語で主に使われるので、その分野に関心がない方はあまり聞かない単語です。しかしながら、マンションを購入するときには、必須の単語でもあります。ぜひこの記事で、「リノベーション」の意味や使い方を理解して、実際の生活にも役立てましょう。

スポンサードリンク