「リモートワーク」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「リモートワーク」です。

「リモートワーク」の意味・使い方・語源・類義語・対義語についてわかりやすく解説します。

「リモートワーク」の意味をスッキリ理解!

リモートワーク(remote work):会社から離れた場所で仕事をする

「リモートワーク」の意味を詳しく

「リモートワーク」は「会社から離れた場所で仕事をする」という意味のカタカナ語です。

普通、「仕事」というと会社に行って仕事することを思い浮かべます。朝起きて電車に乗って会社で仕事をして、また電車に乗って家に帰るというサラリーマンの日常を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

 

「リモートワーク」の場合、出勤をしないで仕事をします。仕事上のコミュニケーションはzoomやSkype、LINEやChatwork、Slackといったアプリを使います。

これらによってチャットができたり、テレビ電話ができたりするので、わざわざ会社に行かなくても会議や打ち合わせができるのです。このような働き方を「リモートワーク」と言います。

「リモートワーク」の使い方

  1. リモートワークの申請をしたから出勤しなくていい。
  2. この仕事はリモートワークに向いている。
  3. リモートワークに必要な機材を揃える。

「リモートワーク」は基本的にビジネスに関する例文に使います。①の例文は、「リモートワーク」の申請に関する例文です。誰でも「リモートワーク」が可能だとは限りません。「リモートワーク」に向いている業種であっても、会社によっては許可が必要なことがあります。

②の例文は、「リモートワーク」の「向き、不向き」に関する例文です。「リモートワーク」がしやすいと言われているのはIT関係の仕事です。パソコン1台あればできるプログラミングやWEBライターなどです。

 

一方で、「リモートワーク」に向いていないのは個人情報を取り扱う仕事や、接客業などです。もし、個人情報を取り扱う場合、家のパソコンでデータを扱うと情報が流出してしまう可能性もあります。

接客業は基本的に対面で行う仕事なので、無理ですね。たとえば、フライトアテンダントなど、お客様と実際に対面することに意味がある仕事です。

「リモートワーク」の語源

「リモートワーク」の語源は英語のremote workです。remoteは「離れて」という意味で、「働く」という意味のworkが一緒になってできあがりました。

英語の場合だと、似たような意味のtelecommuteという単語もよく使います。

「リモートワーク」の類義語

「リモートワーク」には以下のような類義語があります。

テレワーク

「テレワーク」は「会社から離れた場所で仕事をする」という意味のカタカナ語です。「リモートワーク」とほぼ一緒の意味で使いますが、「リモートワーク 」は「離れていてもチームで一緒に働く」という意味合いが強いです。

「テレワーク」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

2020年4月14日

在宅勤務

「在宅勤務」は「家で仕事をする」という意味です。考え方は「リモートワーク 」と同じです。「在宅」で「勤務」するので「家で仕事をする」という意味になります。

「リモートワーク」の対義語

「リモートワーク」には以下のような対義語があります。

オフィスワーカー

「オフィスワーカー」は「会社で働く人」という意味のカタカナ語です。「オフィス」とは「仕事場」を指します。そこで働く人なので「会社で働く人」という意味です。

サラリーマン

「サラリーマン」は「会社員」という意味のカタカナ語です。厳密に言えば、「サラリーマン」の中にも出勤しないで働く人がいます。しかし、一般的には「サラリーマン」とは「平日はいつも通勤して会社で働く人」というイメージがあるため取り上げました。

まとめ

以上、この記事では「リモートワーク」について解説しました。

英語表記リモートワーク(remote work)
意味会社から離れた場所で仕事をする
語源英語のremote work
類義語テレワーク、在宅勤務など
対義語オフィスワーカー、サラリーマンなど

「リモートワーク」はビジネスでよく使う単語です。ぜひ、この記事を参考にして意味や使い方を覚えましょう。