「憐憫(れんびん)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「憐憫(れんびん)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「憐憫」の意味をスッキリ理解!

憐憫(れんびん):かわいそうに思うこと、あわれむこと

「憐憫」の意味を詳しく


「憐憫」は、「かわいそうに思うこと、あわれむこと」を表す言葉です。また、「情けをかけること」も意味します。

「れんびん」と読むことが一般的ですが、「れんみん」と読むことも可能です。また、「憐愍」と表記することもあります。

 

憐と憫(愍)はどちらも、「憐れむ(あわれむ)」と訓読します。どちらとも「気の毒に思うこと」や「あわれむこと」を意味しています。また、「憐」には「愛おしむ(いとおしむ)」という意味もありますが、「憐憫」では、前者の意味で用いられています。

「自己憐憫」の意味

憐憫を含む言葉として、「自己憐憫(じこれんびん)」があります。これは心理学用語で、自分に対して憐憫の情を抱くことを意味します。

憐憫は「他人の不幸や悲しみや力の弱い者などに同情し、あわれに思うこと」を言います。つまり、「憐憫」は、基本的に他人に対して湧き上がる感情なのです。

ですが、「自己憐憫」という言葉では、「自分で自分をかわいそうだと思い、あわれむこと」を表しています。「なんで私ばかり嫌な思いをするのだろう」「なんて私はかわいそうなのだろう」などという感情が、その例です。

「不憫」との違い

「憐憫」と似た言葉に、「不憫」があります。不憫は、「かわいそうなこと、あわれむべきこと」という意味です。これらの二つの言葉は、使われ方が異なります。

「憐憫」は、名詞としてしか使われません。一方、「不憫」は、名詞の他に形容動詞として用いることができます。

たとえば、「不憫な子供」という表現はありますが、「憐憫な子供」という表現はありません。

スポンサードリンク

「憐憫」の使い方

「憐憫」は、すでに説明したように名詞として使われる言葉です。

具体的な使い方として、以下のような例文が挙げられます。

  1. 彼女の苦境を知り、憐憫の情を抱かずにはいられなかった。
  2. 紛争地域の実情を特集したテレビ番組を見て、憐憫を催す。
  3. あまりの惨劇に、憐憫の眼差しを向ける。

「憐憫の情」という言い回しは、多く使われています。

「憐憫」の類義語

憐憫には以下のような類義語があります。

  • 哀憐(あいれん)
  • 哀憫(あいびん/あいみん)

哀憐と哀憫は、どちらも「悲しみあわれむこと」「不憫に思うこと」を意味しています。

スポンサードリンク

「憐憫」の英語訳

憐憫を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • compassion
    (同情(心)、哀れみ)
  • pity
    (哀れみ、同情、気の毒なこと)
  • have mercy on~
    (〜に哀れみをかける)

まとめ

以上、この記事では「憐憫」について解説しました。

読み方 憐憫(れんびん)
意味 かわいそうに思うこと、あわれむこと
類義語 哀憐、哀憫
英語訳 compassion(同情(心)、哀れみ)など

「憐憫」は、普段の会話で使われることはあまり多くないでしょう。しかし、きちんと意味を抑え、いざという時に正しく使えるようにしておきましょう。

スポンサードリンク