「レセプション」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

レセプションとは、「受付」もしくは「歓迎会」のことです。

レセプションはたまに聞く言葉ですが、2つの意味があるのが驚きですよね。

意味を詳しく知りたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではレセプションの意味から使い方まで詳しく開設しています。

「レセプション」の意味

レセプション

  1. 受付
  2. 歓迎会

それぞれの意味について詳しく見ていきましょう。

意味①:受付

レセプションの意味の1つ目は受付です。

ホテルのフロントなど、正装をした受付係の人がいる高級感がある受付のことをレセプションと表現します。

ちなみに、レセプションにいる受付係の人はレセプショニスト、もしくはレセプションスタッフと呼ぶ場合もあります。

意味②:歓迎会

レセプションの意味の2つ目は歓迎会です。

以下のようなフォーマルな宴会のことを指すことが多いです。

  • 企業が公式に開く歓迎会
  • 結婚披露宴
  • 店舗などの新規開店イベント

ざっくり言うと、招待状を出すような宴会のことを指すのです。

バレーボールのレセプション

バレーボールでは、レセプションは相手からのサーブを受けるプレーのことを指します。

サーブレシーブとほぼ同じ意味です。

「レセプション」の使い方

この見出しではレセプションの使い方と例文について、2つの意味に分けて詳しく見ていきましょう。

「受付」の意味での使い方

レセプションを「受付」の意味で用いる時には、以下の例文のように使います。

  1. ホテルのレセプションに鍵を預け、外出する。
  2. 企業のレセプションで訪問の目的を説明する。
  3. レセプションの求人に募集する。

この場合は「受付」に置き換えると簡単に意味が理解できます。

「歓迎会」の意味での使い方

レセプションを「歓迎会」の意味で用いる時には、以下の例文のように使います。

  1. 会社のレセプションパーティーに参加をする。
  2. 彼女のウェディングレセプションは、多くの人が集まるあたたかい会となった。

「歓迎会」の意味で用いる時には、前後に言葉をつけて、どのような歓迎会なのか明らかにすることが多いです。

たとえば、ウェディングレセプションとは、結婚の歓迎会、つまり結婚披露宴のことを指します。

「レセプション」がつく言葉

レセプションがつく言葉としては以下のようなものが挙げられます。

  • レセプションパーティー
  • レセプションルーム(ホール)
  • ウェディングレセプション
  • オープニングレセプション
  • 歓迎レセプション
  • レセプションスタッフ

それぞれの言葉について詳しく見ていきましょう。

レセプションパーティー

レセプションパーティーとは、歓迎会のことです。

レセプションだけでも歓迎会の意味を持ちますが、「受付」のことだと誤解されないようにレセプションパーティーと言う場合が多いです。

レセプションパーティーは普通のパーティーと比べてフォーマルなものを指し、ドレスやスーツでの参加が求められる場合が多いです。

レセプションルーム(ホール)

レセプションルームとは、歓迎会を開くためにある部屋のことです。

ホテルや公共施設などに用意されていることが多いです。

レセプションホールは歓迎会を開くためにあるホールのことです。

レセプションルームと比べて大人数が入れる場所のことを指します。

ウェディングレセプション

ウェディングレセプションとは、結婚披露宴のことです。

ちなみに、結婚式に関する他の言葉とは以下のように指すものが異なります。

  • ウェディングセレモニー:結婚式
  • ウェディングレセプション:結婚披露宴
  • ウェディングパーティー:結婚式の2次会

ちなみに、ややこしいですが「ウェディングレセプションのレセプション」は「結婚披露宴の受付」という意味です。

オープニングレセプション

オープニングレセプションとは、店や施設などのオープンの前に関係者や友人などを招いて開かれるパーティーのことです。

開店を祝う意味もありますが、実際に開店した後の業務のリハーサルを行う意味もあります。

歓迎レセプション

歓迎レセプションとは歓迎会のことです。

ただのレセプションと比べて、より歓迎の意味を強めたい時に用いられます。

レセプションスタッフ

レセプションスタッフとは、受付係のことです。

レセプショニストと呼ぶ場合もあります。

レセプションスタッフは美容室やホテル、デパートなどの受付をします。

また、歓迎会で司会の役目を果たすこともあります。

「レセプション」の語源

レセプションの語源は英語の “reception” です。

“reception” には以下のような意味があります。

  1. 歓迎・歓迎会
    例:hold a reception
    (歓迎会を開く)
  2. 反応
    例:cares about the public reception
    (世間からの反応を気にする)
  3. 受付
    例:leave a key at the reception
    (受付に鍵を預ける)

カタカナ語のレセプションと似ていますね。

ちなみに、英語の “reception” の語源をさらにさかのぼると、ラテン語で「受け取る」という意味のrecipereになります。

このrecipereは実は、以下のようなさまざまな言葉の語源にもなっています。

recipereが語源の語
  • receive
    ①受け取る
    ②テニス・バレーボールなどの「レシーブ」
  • receipt
    ①領収書(レシート)
    ②診療報酬明細書(レセプト)

「レセプション」の類義語

レセプションの類義語としては以下のようなものが挙げられます。

  • パーティー
    社交のための集まり
  • プレオープン
    試験的な営業
  • フロント
    ホテルの受付
  • コンシェルジュ
    ホテルで顧客からのリクエストに答えるスタッフ
  • バンケット
    宴会・晩餐会
  • セレモニー
    式典

「レセプション」と「パーティー」の違い

レセプションとパーティーには以下のような違いがあります。

  • レセプション
    フォーマルな歓迎会のみを指す
  • パーティー
    人の集まり全般を指す

レセプションはパーティーと比べて指す範囲が狭いのです。

たとえば、友人同士が集まるようなプライベートなパーティーはレセプションとは呼びません。

「オープニングレセプション」と「プレオープン」の違い

プレオープンとは、店を新規開店する前に、試験的に開店することです。

店の開店前に行うという点で、オープニングレセプションと似ていますね。

オープニングレセプションとプレオープンには以下のような違いがあります。

  • オープニングレセプション
    開店までにお世話になった人だけを招き、感謝の気持ちを伝える
  • プレオープン
    試験的に店舗を運営し、不特定多数の人に利用してもらい、オペレーションの確認などを行う

オープニングレセプションとプレオープンでは実施する目的が異なるのです。

「レセプション」と「フロント」の違い

フロントはホテルの受付のことを指しており、「受付」という意味のレセプションと似ています。

レセプションとフロントには以下のような違いがあります。

  • レセプション
    イギリス英語で高級なイメージがある
  • フロント
    和製英語で海外では通じない

レセプションとフロントは使われている国が異なるのです。

意味はほぼ同じと言って良いでしょう。

ちなみに、フロントのことを英語で表したい時には、 “front desk(フロントデスク)” と呼びましょう。

“front desk” はアメリカ英語です。

「レセプション」と「バンケット」の違い

バンケットとは、宴会のことです。

レセプションとバンケットには以下のような違いがあります。

  • レセプション
    人との交流がメインで食事はおまけ程度の扱いのパーティー
  • バンケット
    食事がメインの目的になるパーティー

レセプションとバンケットでは食事の扱いが異なるのです。

「レセプション」と「セレモニー」の違い

セレモニーとは式典や儀式のことです。

レセプションとセレモニーには以下のような違いがあります。

  • レセプション
    食事が提供される
  • セレモニー
    食事は提供されない

レセプションが食事を食べながら交流する場であるのに対して、セレモニーでは食事が提供されないのです。

「レセプション」のまとめ

以上、この記事ではレセプションについて解説しました。

読み方レセプション(reception)
意味受付・歓迎会
つく言葉レセプションパーティー
レセプションルーム(ホール)
ウェディングレセプション など
語源英語の “reception”
類義語パーティー
プレオープン
フロント
コンシェルジュ

「レセプション」には使い方が2通りあるため、意味をしっかり押さえていないときちんと理解ができません。

大人になると公式な歓迎会や披露宴に参加することもあるでしょうし、受付に話をすることもあるでしょう。

この機会にレセプションの意味を覚えておきましょう。