「レセプション」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「レセプション」です。

「レセプション」の意味・使い方・語源についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「レセプション」とは?

レセプション(reception):受付・歓迎会のこと

「レセプション」の意味を詳しく

「レセプション」とは、受付や、歓迎会のことです。

 

「レセプション」は、2つの意味に分類できます。

1つ目は、ホテルのフロントなどの受付のことです。正装した受付人を構えているような高級感のある場所での受付のことを、「レセプション」と表現します。

2つ目は、顧客を歓迎する公式な宴会のことです。ここでのポイントは、「公式な」という点にあります。単に仲のよい友人同士が開く歓迎会では「レセプション」は使用されません。企業などの大きな組織によって公式に開かれる歓迎会に関して使用されます。

 

また、結婚式の披露宴などの際にも「レセプション」は頻繁に使われます。披露宴などは、招待状を出して公式に行うイベントですよね。そのため、「レセプション」が使用されるのです。

ただし、「レセプション」は「受け取る」「歓迎する」という意味合いを持つ言葉であるため、披露宴のことを指す場合は「ウェディングレセプション」と表すといでしょう。

 

「レセプション」は受付という「場所」を表す場合と、歓迎会や披露宴のような「会」を表す場合の2通りで使用される言葉であるため、注意が必要です。

スポンサードリンク

「レセプション」の使い方

  1. 会社のレセプションパーティーに参加をする。
  2. 彼女のウェディングレセプションは、多くの人が集まるあたたかい会となった。
  3. ホテルのレセプションに鍵を預け、外出する。

上の例文のように、①と②では、歓迎会や披露宴を表して「レセプション」が使用されています。一方、③では受付を意味しています。

「レセプション」の語源

レセプションの語源は英語の “reception” です。

英語の”reception”には、「受け取る」という意味があります。それが派生して、「相手の気持ちを受け取ること」になり、受付や、歓迎会などの意味を持つようになりました。

“hold a reception(歓迎会を開く)”のように歓迎会を表すために使用されたり、”leave a key at reception(受付に鍵を預ける)”のように受付を指して使われたりします。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「レセプション」について解説しました。

英語表記 レセプション(reception)
意味 受付・歓迎会
語源 英語”reception”より

「レセプション」には使い方が2通りあるため、意味をしっかり押さえていないときちんと理解ができません。大人になると公式な歓迎会や披露宴に参加することもあるでしょうし、受付に話をすることもあるでしょう。

この機会に「レセプション」の意味を覚えておきましょう。

スポンサードリンク