「レベチ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、ネット用語の「レベチ」です。

「レベチ」の意味・使い方・語源・類義語などについてわかりやすく解説します。

「レベチ」の意味をスッキリ理解!

レベチ(Levechi):レベルが違う・格が違う

「レベチ」の意味を詳しく

「レベチ」とは、「レベルが違う」ことを表すネット用語です。さらに、「一際秀でていてすごい」というニュアンスを表します。

「レベルが違う」という言葉を短縮して「レベチ」が誕生しました。「桁外れなほどすごい」「格が違う」「1人だけ秀でている」などの意味をもつ若者言葉です。2015年頃にギャルの間で流行し、2019年には若者の間でトレンドになりました。

「レベチ」と言われる対象は、人の容姿、食べもの、作品など様々です。可愛さ、かっこよさ、スキルといったものに対しても使用されます。

思いを表現するのに「レベチ」だけでは足りず、「レベチすぎる」「マジレベチ」と表すことで強調表現になります。

「段ちがい」を略した「ダンチ」、「次元がちがう」を略した「ジゲチ」という略語もあります。「ダンチ」は「レベチ」と同じ意味で、「ジゲチ」は「レベチ」のさらに上の表現とされています。

しかし、親しみやすさからか、若者の間では「レベチ」の使用頻度が高くなっています。

「格が違う」と「レベチ」の違い

「格が違う」と「レベルが違う」の違いについて見ていきましょう。

意味
  • 格が違う:同じ取り扱いを受けるべき身柄ではないさま、格式が異なること
  • レベチ:桁外れなほどすごい・格が違う
意味としてはほとんど同じですが、「格が違う」は少し硬いイメージを持ちます。

現代の若者にとって、ゲームはとても身近な存在です。そのため「レベル」という概念が身近であり、「格が違う」ではなく「レベルが違う」が深く浸透したとされています。

「レベチ」の使い方

  1. 学生時代から彼女はクラスの中でもレベチで、きっとモデルになると言われていた。
  2. 彼は頭がレベチすぎて、とてもじゃないが私ではかなわない。

上の例文のように、「レベチ」は「桁違いのすごさ」「一人だけ群を抜いたすごさ」を表します。

①の例文では、「彼女がクラスの中でもずば抜けて、かわいい(または、綺麗)」という意味合いで「レべチ」が使用されています。

②の例文では、彼の頭が良すぎることに対する「すごい」という感情をレべチで表しています。

「レべチ」は、1つの特定の意味を持たず、人によって「レべチ」で表す感情は異なります。便利な言葉でもあり、相手に意味が伝わりにくい言葉であることを理解して使用しましょう。

「レベチ」の語源

レベチの語源は日本語の “レベルが違う” です。

「レベルが違う」という言葉が若者の間で略され「レベチ」が誕生しました。「レベルが違う」と意味自体は変わりません。

「レベチ」の類義語

レベチには以下のような類義語があります。

  • ヤバい:非常に興味をひく様子
  • エグい:すごい・あくが強い

①の「ヤバい」は、いい意味でも悪い意味でも、ありとあらゆる意味で使える言葉です。そのため、「すごい」という意味を含みます。

②の「エグい」は、「すごい」という意味や感嘆の表現がありますが、「きつい」「厳しい」「気色悪い」などの広い意味を持つ言葉です。「すごい」という意味で使用する場合は、「レベチ」と同じ意味で使用することができます。

まとめ

以上、この記事では「レベチ」について解説しました。

英語表記レベチ(Levechi)
意味レベルが違いすぎてすごい・格が違う
語源レベルが違うの略語
類義語ヤバい、エグい

「レベチ」は若者の間で、「レベルが違う」の略語として使用され始めた言葉です。若者言葉とされていますが、使用場面は非常に多くなっています。

また、「レベチ」「ヤバい」「エグい」という言葉は、対象となるものが多く、どんな場面でも使用できる便利な言葉です。様々な場面で活用し、若者言葉への理解を深めていきましょう。