プレビューとは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「プレビュー」です。

「プレビュー」の意味・使い方・語源・類義語について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「プレビュー」とは?

プレビュー(preview):完成イメージを、前もって確認すること。または、その機能。

「プレビュー」の意味を詳しく

「プレビュー」とは、完成イメージを、前もって確認することやその機能のことです。

英語のpreには、「前もって」という意味があります。viewは、「見る」という意味です。

 

カタカナ語の「プレビュー」には、複数の意味があります。

1つ目は、「プリンターなどで印刷をする前に、画面上で完成イメージを表示する機能」という意味です。

プリンターだけでなく、スキャナー、カメラ、画像編集ソフトやメールソフトなどにもこのプレビュー機能が含まれるものがあります。

プレビュー機能を使用することにより、失敗を未然に防ぐことが目的です。

 

2つ目は、「映画などの試写公演」という意味です。

一般公開をする前に、試写や試演をすることを指します。主に、宣伝をすることが目的です。

3つ目は、「内見、内覧」という意味です。催し物や建物などを、あらかじめ見ておくことを表します。

 

動画や記事投稿サイトなどでは、投稿を見た人の数が「PV」と表されていることがあります。

このPVとは、page view(ページビュー)の略です。ページビューとは、ページを見た数のことです。PV数とも言います。

プレビューの略ではありません。混同してしまわないよう、注意しましょう。

スポンサードリンク

「プレビュー」の使い方

  1. プリンターの故障だろうか、仕上がりがプレビュー画面と異なる。
  2. 話題の舞台の、プレビュー公演に当選した。
  3. 来週のイベント開催に先立って、プレビュー会を行った。

上の例文のように、「プレビュー」という言葉単体ではなく、「画面、機能、公演、会」などの言葉と共に使われることが多いです。

「プレビュー」の語源

プレビューの語源はラテン語の “prae vidēre” です。

英語のpreviewの語源は、preとviewに分かれます。

preは、ラテン語のpraeに由来します。praeは、「前もって」や「〜の前に」という意味です。

viewも、ラテン語に由来します。「見る」という意味の、vidēreが元となっています。このvidēreが徐々に変化していき、14〜15世紀の中英語で使われるようになりました。

スポンサードリンク

「プレビュー」の類義語

プレビューには以下のような類義語があります。

  • サンプル:見本
  • プロトタイプ:試作品
  • デモンストレーション:宣伝のための実演
  • プレリミナリー:準備の

まとめ

以上、この記事では「プレビュー」について解説しました。

英語表記 プレビュー(preview)
意味 完成イメージを、前もって確認すること。または、その機能。
語源 ラテン語のpraeとvidēreに由来
類義語 サンプル、プロトタイプなど

現代は誰もが情報を発信できるため、「プレビュー」という言葉が多用されます。しかし、正確な意味を把握していない人が多いです。しっかり意味を覚え、正しく使えるようにしましょう。

スポンサードリンク