「パフォーマンス」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「パフォーマンス」です。

「パフォーマンス」の意味・使い方・語源・類義語について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「パフォーマンス」とは?

パフォーマンス (perfomance):演劇、音楽などを上演すること、または演じること

「パフォーマンス」の意味を詳しく

「パフォーマンス」は「演劇、音楽などを上演すること、または演じること」が主な意味のカタカナ語です。特に人から注目を集める行為や行動を指します。細かく分けると、3つの意味に別れます。

1つ目が、「演劇や音楽を披露すること」です。2つ目が「身体を使った芸術表現」です。たとえば、お手玉をしたり手品をしたりして多くの人を楽しませることが該当します。

3つ目が「性能や機能」です。これは多くの場合、機械について言及するときに使います。具体的には、コンピュータの性能や機能を指します。また、一方で人に対しても使います。たとえば、ある人の働きぶりも「パフォーマンス」と言います。

スポンサードリンク

「パフォーマンス」の使い方

  1. アーティストのパフォーマンスを実際に見て感動した。
  2. このコンピュータのパフォーマンスはすごい。
  3. 彼の仕事に対する情熱とパフォーマンスは圧巻だ。

「パフォーマンス」を使用するのは芸術からビジネスまで幅広い場面です。たとえば、ダンスの公演の公演について感想を述べたいときに、「彼らのパフォーマンスはすごい」と使います。多くの場合、「パフォーマンスがすごい」「パフォーマンスが優れている」などという使い方をします。

機械について言及するときは「パフォーマンスに優れたマシーン」などと言えば、機械の機能性やスペックが優れていることを表すことができます。②の「パフォーマンス」はこの用法です。

また、ビジネスの場合ならば、「彼のパフォーマンスは素晴らしい」など使います。ここでの「パフォーマンス」の意味は、「仕事に対する姿勢」「遂行能力」です。③の「パフォーマンス」はこれです。

「パフォーマンス」の語源

「パフォーマンス」の語源は英語の perfomance です。カタカナ語の意味と似ています。英語の performance は2つの意味に分かれます。1つ目が、「上演」「演技」です。2つ目が「出来栄え」「成績」という意味です。2つ目の意味がカタカナ語と少し異なっています。

動詞は perform です。「実行する」「行う」と言いたいときにはこちらを使いましょう。ちなみに perform の語源をさらに辿ると、古いフランス語になります。「完全に実行する」という意味でした。

スポンサードリンク

「パフォーマンス」の類義語

「パフォーマンス」には以下のような類義語があります。

  • スペック:仕様
  • プレイ:行う
  • デモンストレーション:実演

「スペック」は「仕様」という意味のカタカナ語です。「スペック」の語源は英語の spec です。「スペック」も機械について述べるときによく使います。たとえば、「コンピュータのスペックが優れている」と言えば、性能が優れていることを表せます。

パソコンなどでより良い「パフォーマンス」を実現するためには、「スペック」の高い部品やパーツを使うことが大切です。「スペック」と「パフォーマンス」という言葉にはこうした関係性があります。

 

「プレイ」は「行う」という意味のカタカナ語です。「プレイ」の語源は英語の play です。実際の例文は、「プレイする」「よいプレイだ」などと使います。「する」を付けて動詞のように使う場合もあれば、名詞のままのときもあります。

「デモンストレーション」は「実演」という意味のカタカナ語です。物事が本当であるということを、実際に披露してみせることです。「パフォーマンス」には「実証する」という意味合いはないので、この点が異なります。

まとめ

以上、この記事では「パフォーマンス」について解説しました。

英語表記 パフォーマンス(perfomance)
意味 行為
語源 英語の perfomance
類義語 プレイ、スペックなど

「パフォーマンス」は芸術などの分野ではよく使う単語です。日常生活でも有名人の「パフォーマンス」について話題にすることもあります。それだけ普段の何気ない生活でもよく使う、重要なカタカナ語です。

ぜひこの記事で「パフォーマンス」の意味や使い方を理解して実際の生活でも役に立てるようにしましょう。

スポンサードリンク