「難儀(なんぎ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「難儀(なんぎ)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「難儀」の意味をスッキリ理解!

難儀(なんぎ):悩み苦しむこと。また、面倒で難しいこと。

「難儀」の意味を詳しく

「難」という漢字には、「苦しみ」や「たやすく進めない」などの意味があります。「儀」は、「こと」を表します。

そこから、「難儀」には、「悩み苦しむこと」、そして「容易ではないこと」という意味があります

また、「困難なこと」というニュアンスが派生して、「貧乏」という意味で「難儀」が使われることもあります。

さらに、「難儀をする」という言い回しもあり、「苦しむこと」という意味で使われます。

スポンサードリンク

「難儀」の使い方

  1. 彼女は、大きな難儀もなく順調に人生を過ごした。
  2. 聞き手を骨折したことにより、着替えすら難儀です。
  3. 難儀をかけてしまって、本当にすみません。

①では、「困難」の言い換えとして「難儀」が使われています。

②でも「困難」の言い換えとして使われていますが、こちらは「着替えすら難儀します」と言うこともできます。関西など一部の地域では、「難儀をする」という言い方は非常によく使われます。

③の「難儀をかける」は、「面倒をかける」と同じ意味です。

「難儀」の類義語

難儀には以下のような類義語があります。

  • 困難(こんなん):簡単にはなしとげられないこと
  • 惨苦(さんく):ひどい苦しみのこと
  • 苦境(くきょう):苦しい境遇のこと
  • 悩乱(のうらん):思い悩んで心が乱れるさま
  • 苦患(くげん):苦しみや悩みのこと
スポンサードリンク

「難儀」の対義語

難儀には以下のような対義語があります。

  • 容易:たやすくできること
  • 安易:困難がないこと
  • 平易:難しくないこと
  • 軽易:手軽でたやすいさま
  • 安直:簡単で手軽なさま

「難儀」の英語訳

難儀を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • suffer
    (苦しむ)
  • tough
    (困難な)
  • difficulty
    (苦難)

“suffer” は「苦しむ」という意味の単語です。病気や困難など、原因にかかわらず「苦しむ」という意味で広く使うことができます。

文章では、 “I suffer from the stress of work.(仕事のストレスに悩む)” のように使います。

“tough” は、「困難な」という意味です。会話の中でもよく使われます。 “Today was a tough day.(今日は大変な1日だった)” のように使います。

“difficulty” は、 “difficult(大変な)” の名詞形です。 “I faced many difficulties this year.(今年はたくさんの困難に直面した)” のように使います。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「難儀」について解説しました。

読み方 難儀(なんぎ)
意味 悩み苦しむこと。また、面倒で難しいこと。
類義語 困難、惨苦、苦境など
対義語 容易、安易、安直など
英語訳 suffer(苦しむ)

「難儀」は、方言だと思われることが多いですが、どの地方でも使われる熟語です。会話の中でも、文章の中でも使うことができるので、覚えておくと便利です。

スポンサードリンク