「メルクマール」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「メルクマール」です。
「メルクマール」の意味、分野ごとの意味、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「メルクマール」の意味をスッキリ理解!

メルクマール(merkmal):指標・基準・目印

「メルクマール」の意味を詳しく

「メルクマール」とは、指標・基準・目印のことです。

「メルクマール」は、物事を判断したり見分けたりするための基準や目印になるものを表します。

単なる矢印などの印ではなく、その印自体に深い意味を含んでいるような指標や目印を表すことが多いです。

例えば、戦後に建てられた高い建物などは、「日本の復興のメルクマールである」などと言うことができます。

分野ごとの「メルクマール」の意味

「メルクマール」は、以下のようにさまざまな分野で使われます。

  • ビジネス
  • 医療

ビジネスにおける「メルクマール」の意味

ビジネスにおいて「メルクマール」は、最終目標までの間に設定される進捗の具合を測るための指標です。

特に、長期的なプロジェクトの進度を管理するための節目として設けられるものです。

それぞれの指標には、それぞれの時点での達成要件が定められます。実際の状況と指標の条件を照らし合わせることで進捗度の調整が行われます。

医療における「メルクマール」の意味

医療において「メルクマール」は、治療の効果を判定するために使われる検査値などの指標のことです。

病気を持つ患者を治療する際には、治療によって患者の病態が良くなっているのか、悪くなっているのかを客観的な指標を用いて判断する必要があります。

具体的に治療効果判定の指標となるのは、症状や所見、検査で出る値などです。

「メルクマール」の使い方

「メルクマール」には以下のような使い方があります。

  1. メルクマールによると、患者の病気は回復に向かっているようだ。
  2. 今回のプロジェクト実行には、大幅な遅れが出ていることがメルクマールでわかった。
  3. このモニュメントは、発展のメルクマールになっている。

➊の「メルクマール」は、「治療の効果を判定するために使われる検査値などの指標」という意味で使われています。

➋の「メルクマール」は、「最終目標までの間に設定される進捗の具合を測るための指標」という意味で使われています。

➌の「メルクマール」は、「物事を判断したり見分けたりするための目印」という意味で使われています。

「メルクマール」の語源

「メルクマール」の語源はドイツ語の “merkmal” です。 “merkmal” は、「気が付く」という意味の “merken” から派生した言葉です。

ここから “merkmal” は、「物事に気が付くための目印や指標」という意味の単語になりました。

ドイツ語の “merkmal” は、カタカナ語と同じく「目印」「指標」「基準」という意味で使われています。

「メルクマール」の類義語

「メルクマール」には以下のような類義語があります。

  • マーク:人間により作られた記号・符号・しるし
  • スタンダード:標準・基準・標準的であるさま
  • インデックス:索引・見出し
  • ベンチマーク:基準や指標

「インデックス」は、広い意味では「指標」「索引」という意味です。しかし、ビジネスの場面で使われるときには、市場全体の動向を示す指標や指数のことを表します。

まとめ

以上、この記事では「メルクマール」について解説しました。

英語表記メルクマール(merkmal)
意味指標・基準・目印
語源「物事に気が付くための目印や指標」という意味のドイツ語 “merkmal”
類義語マーク、スタンダード、インデックス

「メルクマール」は、日常生活の中でよく使われる言葉ではありません。しかし、医療やビジネスの場面では使われることがあるので、しっかりと覚えておきましょう。