「ラインナップ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ラインナップ」です。

「ラインナップ」の意味・使い方・語源・類義語について分かりやすく解説します。

「ラインナップ」とは?

ラインナップ(lineup):顔ぶれ、品揃えのこと。

「ラインナップ」の意味を詳しく

「ラインナップ」とは、顔ぶれ、品揃えのことです。

「ラインナップ」は、上記の意味をベースにして、以下のように3通りの意味があります。

「ラインナップ」の意味
  • メンバー構成
  • 商品などの全種類
  • 番組一覧
  • 打順

それぞれの意味について解説します。

①メンバー構成

「ラインナップ」は、メンバー構成という意味で、組織やチームの人員について語る際に使われます。

「本日の試合の先発メンバーのラインナップ」と言えば、先発するメンバーの一覧を意味します。

②商品などの全種類

3つ目は、商品や作品など、物の一覧という意味です。

「こちらがわが社の新商品のラインナップです」などと用います。

③番組一覧

3つ目は、「番組一覧」という意味です。放送される番組・ラジオ・ドラマなどの一覧を指します。

「この夏公開される映画のラインナップ」などが使用例です。

④打順

4つ目は、野球用語としての「ラインナップ」です。打順を意味します。

「スターティングラインアップ」と言えば、一軍メンバーの打順という意味です。

「ラインナップ」の使い方

  1. 新作ラインナップは、当社のホームページからご覧いただけます。
  2. 来月公開の映画は、素晴らしいラインナップだ。
  3. 本日の試合のスターティングラインナップは、以下の通りです。

①では、新作商品の一覧を指して「ラインナップ」と言っています。

②の「ラインナップ」は、来月に公開される映画の一覧を意味します。

③のスターティングラインナップとは、スポーツなどの試合で、開始時から出場するメンバーのことを言います。

「ラインナップ」の語源

ラインナップの語源はラテン語の “linea” です。

もともとは、line upという2単語の言葉です。line upは、「整列する」「並べる」という意味です。

lineは、lineaというラテン語に由来します。lineaは、「麻糸」や「糸」という意味です。この単語が、英語のlineとして使われるようになりました。

16世紀に、「並べる」という意味で使われはじめました。

「ラインナップ」の類義語

ラインナップには以下のような類義語があります。

  • レパートリー:領域、種目
  • コンテンツ:中身
  • メニュー:項目の一覧
  • セットリスト:曲などの一覧表
  • メンバー:顔ぶれ

コンテンツやメニューは、人物に対しては使われません。

セットリストは、演奏する曲を順に記した表を指し、順番というニュアンスが含まれます。

メンバーは、人物に特化した類義語です。

「ラインナップ」と「ラインアップ」は違う?

「ラインナップ」は、「ラインアップ」と表記されることもあります。

「ラインアップ」は、line upと分けた場合の読み方です。

一方「ラインナップ」は、lineupと1つの単語にした読み方です。

どちらの読み方でも、意味は変わりません

サーフィンでの「ラインナップ」


「ラインナップ」は、サーフィンに関する用語としても出てきますが、こちらは「一覧」という意味とは大きく離れます。

波がセットで何本も押し寄せてきて、筋を形成する現象を指します。サーファーが波待ちをするエリアです。

まとめ

以上、この記事では「ラインナップ」について解説しました。

英語表記ラインナップ(lineup)
意味顔ぶれ、品揃えのこと。
語源ラテン語のlinea
類義語レパートリー、コンテンツなど
「ラインナップ」と「ラインアップ」に違いはあるか意味は同じ

「ラインナップ」は、よく使われる単語です。しかし、野球の場合「打順」という意味になることは、あまり知られていません。4通りの意味を覚え、正しく使えるようにしましょう。