ことわざ「親も親なら子も子」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「親も親なら子も子(おやもおやならこもこ)」です。

意味と使い方、その由来、類義語・対義語とその英語訳、についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「親も親なら子も子」の意味をスッキリ理解!

親も親なら子も子親と子供は、良いことも悪いことも、よく似るということ

「親も親なら子も子」の意味を詳しく

「親も親なら子も子」ということわざは、親と子供は、良いことも悪いことも、よく似るという意味です。

親がダメなら子もダメ、という表現をする時に使います。

また、子供は親と同じような才能や結果しか出せない、というように解釈する場合もあります。「うちの子の才能なんて知れている」などと他人に対して謙遜(けんそん)する時に使います。

 

ちなみに、親の顔が見てみたい、という表現を使う場面がありますよね。これは、ことわざではありませんが、「親も親なら子も子」と同じニュアンスで使われます。

スポンサードリンク

「親も親なら子も子」の使い方

親が良くないなら、子供も良くない、と言った意味合いで親子を非難する時に使います。以下に使い方の例をご紹介します。

  1. マナーが守れないなんて、親も親なら子も子ね。
  2. 喧嘩した時に謝れないなんて、親も親なら子も子ね。
また、相手に対して謙遜する時にも使うことがあります。
  1. 親も親なら子も子ですから、そんなに期待しないでください。

「親も親なら子も子」の類義語

「親も親なら子も子」には以下のような類義語があります。

  • 狐の子は面白(きつねのこはつらじろ):子供は親に似る、ということ
  • 燕雀鳳を生まず(えんじゃくほうをうまず):凡人の親からは非凡な子供は生まれない、ということ
  • 蛙の子は蛙(かえるのこはかえる):凡人の親からは非凡な子供は生まれない、ということ
  • 瓜の蔓に茄子はならぬ(うりのつるになすはならぬ):平凡な親から非凡な才能をもつ子は生まれないたとえ
スポンサードリンク

「親も親なら子も子」の対義語

「親も親なら子も子」には以下のような対義語があります。

  • 鳶が鷹を生む (とびがたかをうむ):平凡な親からすぐれてた子供が生まれる、という意味
  • 鳶が孔雀を生む(とびがくじゃくをうむ):平凡な親から、すぐれてた子供が生まれる、という意味

「親も親なら子も子」の英語訳

「親も親なら子も子」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Like father, like son.
    (この父に、この息子あり)
  • Like mother, like daughter.
    (この母にして、この娘あり)
  • The apple never falls far from the tree.
    (リンゴは木の近くに落ちる)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「親も親なら子も子」について解説しました。

読み方 親も親なら子も子(おやもおやならこもこ)
意味 親と子供は、良いことも悪いことも、よく似るということ
類義語 狐の子は面白、燕雀鳳を生まず、蛙の子は蛙、瓜の蔓に茄子はならぬ、など
対義語 鳶が鷹を生む、鳶が孔雀を生む、など
英語訳 Like father, like son.(この父に、この息子あり)

身近な言葉だと思いますが、意外と似たような言葉が多いことがわかりますね。

スポンサードリンク