「くれぐれも」の意味は?例文付きで使い方や言い換えも解説!

言葉

「くれぐれも」とは「物事が悪くならないように願う様子、何度も忠告する」という意味です。

フォーマルな場面で「くれぐれも」を使うことがありますが、ポジティブとネガティブ、どちらの意味もあってわかりにくいですよね。

そこで今回は「くれぐれも」の意味や使い方などについて簡単にわかりやすく解説します。

「くれぐれも」の意味

くれぐれも

  1. 心を込めて物事が悪くならないように何度も願う様子
    例:くれぐれも体調にお気をつけください。
  2. 決して繰り返さないように何度も忠告する様子
    例:くれぐれもミスしないでください。
  3. 何度も考えても
    例:しっかりとした人生設計をくれぐれもよろしく。

「くれぐれも」は大きく分けて、プラスとマイナスの2つの意味があります。

  • 依頼やお願いをする時
    心を込めて物事が悪くならないように何度も願う様子
  • 忠告をする時
    絶対に、もしくは決して繰り返さないように何度も忠告する様子

たとえば、「くれぐれもご自愛ください」と言う場合、「くれぐれも」は「最悪な様子を避けるために何度も念を押す様子」を表します。

文全体では、「健康状態が悪くならないように注意してください」となります。

一方で、「くれぐれも間違えないようにしてください」という場合、「くれぐれも」は「絶対に失敗しないようにしてほしい」という意味になります。

そのため、文全体では「間違えないように十分気をつけてください」という意味です。

依頼やお願いをする時に比べて、優しさではなく厳しい印象を与える表現になります。

 

ちなみに、「何度も考えても」という意味はほぼ使用しません。

「くれぐれも」の使い方

「くれぐれも」はビジネスなどフォーマルな場面で使用します。

具体的には、以下の場合に使用します。

  • 相手を気遣う時
  • 注意喚起を行う時

実際の例文を見てみましょう。

相手を気遣う時

相手を気遣う時は、以下のように「くれぐれも」を使用します。

  1. くれぐれも体調にはお気をつけください。
  2. くれぐれもお大事になさってください。
  3. くれぐれもお体をいたわりください。
  4. 寒い日が続いているので、くれぐれもご自愛くださいませ。
  5. くれぐれも風邪など引かないようにお過ごしくください。

これらは、ビジネスメールの最後や会話の一部での使用例です。

また、特に以下のフレーズを使用します。

  • くれぐれもご自愛ください。
  • くれぐれもお体ご自愛ください。
  • くれぐれもよろしくお伝えください。

「くれぐれも」は目上の人に対しても使用可能です。

注意喚起を行う時

注意喚起を行う時は、以下のように「くれぐれも」を使用します。

  1. 勤務中はくれぐれもスマホを使用しないでください。
  2. くれぐれも夜間に外出しないでください。
  3. くれぐれもお酒の飲み過ぎには注意しましょう。
  4. くれぐれもお金は使いすぎないようにしてください。
  5. くれぐれも緊急時の備えを怠らないでください。

相手に対して、「決して行わないで」と念押すために使用します。

受け手によっては、厳しい印象を持たれかねないので、「〜してください」ではなく「〜してくださいませ」など柔らかい表現に変えてあげるとよいでしょう。

「くれぐれも」の由来

「くれぐれも」には2つの由来の説があります。

  • 「〜しておくれ」の「くれ」が変化
  • 「繰り返し」の「繰り」が変化

「〜しておくれ」の「くれ」が強調するために繰り返しになり、「くれぐれも」になったという説があります。

また、「繰り返し」の「繰り」の音が変化して、「くれぐれも」になったという説も存在します。

ちなみに、「くれぐれも」は漢字で表記すると「呉呉も」になるので、語源に関係しているとされていますが、詳細は明らかにされていません。

「くれぐれも」の類義語

「くれぐれも」の類義語には以下のようなものがあります。

  • ぜひ
    積極的な気持ちを表す
  • ぜひとも
    積極的な気持ちを表す
  • 何卒(なにとぞ)
    強く望む気持ちを表す
  • どうか
    丁寧に頼む気持ちを表す
  • どうぞ
    快く勧める気持ちを表す

この中でややこしいのは、「くれぐれも」と「どうぞ」「どうか」の違いです。

「くれぐれも」と「どうぞ」「どうか」の違い

「くれぐれも」と「どうぞ」「どうか」の違いは、以下の通りです。

  • くれぐれも
    発言者が言いたいことを念押しする
  • どうぞ
    相手の希望に応える時や何かを勧める時の丁寧な表現
  • どうか
    難しいと知りながら深く頼み込むことを表す

このようにニュアンスが異なっております。

「くれぐれも」の英語訳

「くれぐれも」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • please
    (お願い)
  • make sure
    (確かめる)
  • by all means
    (ぜひとも)

これらの中で一番使いやすいものは、“please”です。

文末につければ、丁寧にお願いする表現になります。

その他に使える英語表現には以下のようなものがあります。

  • Please take care of yourself.
    (くれぐれもご自愛ください)
  • Please give him my (best) regards.
    (くれぐれもよろしくお伝えください)
  • Please take care of your health.
    (お体をお大事になさってください)

「くれぐれも」のまとめ

以上、この記事では「くれぐれも」について解説しました。

読み方くれぐれも
意味①心を込めて物事が悪くならないように何度も願う様子
②決して繰り返さないように何度も忠告する様子
③何度も考えても
由来「〜しておくれ」の「くれ」が変化
繰り返し」の「繰り」が変化
類義語くれぐれも
どうぞ
どうか など
英語訳please
make sure
by all means など

「くれぐれも」はビジネスを中心に挨拶などでよく使う表現です。

ぜひ、この記事を参考にして意味や使い方を覚えましょう。

ABOUT US

アン・ジュオ3世
アン・ジュオ3世
この道10年のノマドライター。 人の心を動かす言葉を日々研究しています。 カタカナ語を中心とした語彙力に自信があります。