「姑息(こそく)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「姑息(こそく)」です。

言葉の意味・使い方・誤用・語源・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「姑息」の意味をスッキリ理解!

姑息(こそく):その場しのぎの、一時的な対応

「姑息」の意味を詳しく


「姑息」とは「その場しのぎの一時的な対応」のことです。

「姑息」の漢字には以下のような意味があります。

「姑息」の漢字の意味
  • :しばらく
  • :休む

この2つの漢字を組み合わせて「姑息」は「一時の間に合わせの対応」という意味になります。

「姑息」の誤用|「卑怯な」の意味は間違い!

「姑息」を「卑怯な」という意味でとるのは誤用です。

ただ、この誤用は広がりすぎて、正式な意味として取り上げる辞書も増えてきています。

「姑息」の誤用が広がっている証拠として、文化庁による平成22年度の国語に関する意識調査では以下のような結果が出ています。

姑息の意味

「一時しのぎ」という意味15.0%
「ひきょうな」という意味70.9%

[出典:平成22年度 国語に関する意識調査]

「姑息」は誤用している人が非常に多いのです。

このような誤用が生まれた理由としては、以下の2つが考えられています。

「姑息」の誤用が生まれた理由
  1. 「その場だけの間に合わせ」の意味からの連想
  2. 「小癪」との混同

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

誤用が生まれた理由①:「その場だけの間に合わせ」の意味からの連想

「姑息」の誤用が生まれた理由のひとつとして、「その場だけの間に合わせ」の意味からの連想が挙げられます。

問題を根本的に解決しようとせず、取り繕うことは、卑怯で正々堂々としていないとも捉えられます。

そのため、だんだん「姑息」を「卑怯な」という意味で用いる人が増えていったのです。

誤用が生まれた理由②:「小癪」との混同

「姑息」と「小癪(こしゃく)」の混同から「卑怯な」という意味が生まれたという説もあります。

「小癪」は「姑息」と響きが似ています。

その上、「小癪」は「なまいきで癪に障る様子」というネガティブな意味があります。

ここから「姑息」にも「卑怯な」というネガティブな意味が生まれたのです。

「姑息」の使い方

  1. 姑息な手段を使うのでは、本当に問題を解決したとは言えないだろう。
  2. 姑息的治療で、上手に病気と付き合っていくことに決めた。
  3. 因循姑息(いんじゅんこそく)なやり方を続けていては、いつかこの会社は倒産する。

①の「姑息な手段」というのは、決して「卑怯な手段」を意味するものではありません。

「その場しのぎの手段」のことです。

また。②の「姑息的治療」という言葉は、医療の現場で、完治ではないものの、より良い生活を目的として施される治療を指します。

③の「因循姑息」は、「古い習慣をそのままに、その場しのぎで物事を進める」ということを意味する四字熟語です。

「姑息」の語源

「姑息」は古代中国の儒学者がまとめた、『礼記(らいき)』という書物に登場します。

この中の、「檀弓(だんぐう)」という篇に「君子之愛人也以徳、細人之愛人也以姑息」という部分があるのです。

これは、「君子の人を愛するや徳を以って(もって)し、細人(さいじん)の人を愛するや姑息を以ってす」と書き下されます。

現代語では、「君子は徳にかなうようにして人を愛し、小人は目さきの感情で人を愛する」という意味になります。

「姑息」の類義語

姑息には以下のような類義語があります。

  • 糊塗(こと):一時しのぎで、その場を取り繕うこと
  • 弥縫(ひぼう):失敗や欠点を取り繕うこと
  • 臨時(りんじ):一時的であること
  • 暫定(ざんてい):仮に定めること
「臨時」や「暫定」は、一時的であるという点で「姑息」と意味が類似しています。

ただ、「姑息」の場合は「本来はもう少し手を施すべきだが、一時的に間に合わせている」という否定的なニュアンスがあります。

「姑息」の英語訳

姑息を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • makeshift
    (間に合わせの)
  • stopgap
    (一時しのぎの)
  • temporizing
    (その場を繕うこと)

まとめ

以上、この記事では「姑息」について解説しました。

読み方姑息(こそく)
意味その場しのぎの、一時的な対応
語源「礼記」の「檀弓」
類義語糊塗、弥縫、臨時など
英語訳makeshift(間に合わせの)など

誤用が非常に多いのが、この「姑息」という熟語です。

きちんと正しい意味を理解し、誤った使い方をしないようにしましょう。