「謹白(きんぱく)」とは?意味や使い方をわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「謹白(きんぱく)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・英語訳・頭語と結語の結びつきについてわかりやすく解説します。

「謹白(きんぱく)」の意味をスッキリ理解!

謹白(きんぱく):非常に改まった手紙の末尾に述べる言葉

手紙を書く際のマナーなどと合わせて、理解していきましょう。

「謹白(きんぱく)」の意味を詳しく

「謹白(きんぱく)」とは、非常に改まった手紙の末尾に書かれる言葉です。

改まった手紙を書く際、文章の書き出しに頭語(とうご)、末尾に結語(けつご)という決まり文句を書くルールがあります。これを書くことで、相手への敬意を表すのです。

「謹白」は「謹んで申し上げる」という意味の結語です。

結語に「謹白」を使う場合は、対になる頭語として「謹啓(きんけい)」を使います。

「謹白(きんぱく)」の使い方

謹啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

〜本文〜

略儀ながら、書中をもちましてご挨拶いたします。

謹白

①の例文のように、「謹白」は本文がすべて終わった後に書きます。

また、「謹白」は非常に敬意の強い言葉であるため、ビジネスの場面において、普段顔を合わせないような目上の方に対してのみ使います。

距離の近い相手に「謹白」を使うと、失礼に当たります。使用する際は注意が必要です。

「謹白(きんぱく)」の語源

「謹白」の語源を解説するため、まずは熟語を構成する語をそれぞれ分解してみましょう。

  • :気をひきしめておろそかにしない、物事に念を入れる。
  • :申し上げる。
以上のことから、「謹白」の語源は「謹んで申し上げる」という意味から来ているとわかります。

「謹白(きんぱく)」の類義語

「謹白(きんぱく)」には以下のような類義語があります。

「謹んで申し上げる」を表す結語
  • 謹言(きんげん):「謹白」と同じ
  • 敬白(けいはく):「謹白」「謹言」よりも一般的な用途で使える
  • 敬具(けいぐ):私的な手紙でも使える

上記のような結語を手紙の末尾に書くのに対し、手紙の書き出しには以下のような頭語を書きます。

「謹んで申し上げる」を表す頭語
  • 謹啓(きんけい):「謹白」とセットで使われる
  • 拝啓(はいけい):「謹白」「謹啓」よりも敬意が弱い

意味は同じでも使い方の異なる言い回しが、これだけ多くあります。違いを区別して、手紙を書く際に使いこなせるようになりましょう。

「謹白(きんぱく)」の英語訳

「謹白(きんぱく)」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Sincerely,
    (真心をこめて)
  • Best regards
    (敬意をこめて)

これらの単語は、手紙やメールの結びの言葉として使われます。英語は、日本語ほど敬語表現が定まっていませんが、敬意を表す結びの言葉は存在します。うまく使えると、コミュニケーションが円滑になりそうですね。

頭語と結語の結びつき

今回紹介した「謹白」以外にも結語は沢山あります。また、その数だけ頭語も存在します。以下の表は、頭語と結語が使われる場面とその組み合わせの例です。

場面頭語結語
ビジネスの手紙謹呈(きんてい)、恭敬(きょうけい)、謹んで申し上げます謹白、謹言、敬白、敬具、かしこ
日常的な手紙拝啓、拝呈(はいてい)、啓上(けいじょう)、一筆申し上げます敬白、敬具、拝具(はいぐ)、かしこ

「謹んで申し上げます」「一筆申し上げます」「かしこ」は、主に女性が使う言葉です。

ルールが複雑なだけでなく、使い方を間違えると失礼になってしまうので、手紙を書く際はよく注意して使う必要がありますね。

まとめ

以上、この記事では「謹白(きんぱく)」について解説しました。

読み方謹白(きんぱく)
意味非常に改まった手紙の末尾に書く言葉
語源「謹」(謹んで) + 「白」(申し上げる)
類義語敬白、敬具、謹言など
英語訳Sincerely(真心をこめて)、Best regards (敬意をこめて)

電子メールやチャットの発展した昨今では、手紙を書く機会がめっきりと減りました。しかし、そんな時代だからこそ、アナログな伝達手段である手紙が大きな力を持つものです。「ルールが多いから」と面倒臭がらず手紙を書くことも大切なのかもしれません。