ことわざ「木で鼻をくくる」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「木で鼻をくくる(きではなをくくる)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・英語訳について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「木で鼻をくくる」の意味をスッキリ理解!

木で鼻をくくる(きではなをくくる):無愛想に応対すること。また、冷淡にあしらうこと。

「木で鼻をくくる」の意味を詳しく

「木で鼻をくくる」には、無愛想に対応することや、冷淡にあしらうという意味があります。一言で表すと、「冷たい態度」という意味です。

ここで使われている「くくる」は、紐や縄で締める意味ではありません。もともと、「くくる」は「擦る(こする)」という意味で「こくる」と言われていました。しかし、誤った言い方である「くくる」が定着し、「木で鼻をくくる」と言うようになったとされています。

スポンサードリンク

「木で鼻をくくる」の使い方

  1. 彼は客が来ても、木で鼻をくくるような態度であるため、店長からよく注意されている。
  2. 勇気を出して告白したが、木で鼻をくくったような返事をされてしまった。

褒め言葉ではないので、使う際には注意しましょう。

「木で鼻をくくる」の由来

「木で鼻をくくる」の由来は、2つの説があります。

まず、1つ目は次のような説です。紙が貴重であった時代には、鼻をかむ際に木を使っていたとされています。その時、痛くて顔がゆがみ、不機嫌な表情に見えることから、「無愛想であること」を表すようになったとする説です。

次に、2つ目は、1つ目の説と関連します。江戸時代、商人の家では、雑用係である丁稚(でっち)に貴重品であったちり紙を使わせず、木の棒で鼻を擦(こす)らせていたとされています。このことから、「ひどく無愛想にもてなすこと」という意味をもつようになったとする説です。

どちらの説であっても、紙が貴重であった時代には、鼻をかむ際に木が使われていたことが分かりますね。

スポンサードリンク

「木で鼻をくくる」の類義語

木で鼻をくくるには以下のような類義語があります。

  • 杵で鼻をこする(きねではなをこする)
  • 木っ端で鼻かむ(こっぱではなかむ)
  • 立木へ鼻こする(たちきへはなこする)
  • 拍子木で鼻かむ(ひょうしぎではなかむ)
  • 擂粉木で鼻をこくる(すりこぎではなをこくる)
  • 取り付く島もない(とりつくしまもない):頼ろうとしても、冷たくあしらわれること
  • にべもない:愛想がないこと、素っ気ないこと

上記に挙げた類義語の中で、意味が書かれていないものはすべて「無愛想に応対すること。また、冷淡にあしらうこと」という意味です。

これらはすべて、「木で鼻をくくる」を言い間違えて生まれた表現だとされており、木に関連する語が使われているのは共通しています。「木っ端」とは木くず、「立木」とは生えている木のことです。

「木で鼻をくくる」の英語訳

木で鼻をくくるを英語に訳すと、次のような表現になります。

  • blunt
    (無愛想な、ぶっきらぼうな)
  • curt
    (素っ気ない、ぶっきらぼうな)
  • unfriendly
    (友好的でない)

上記に挙げた形容詞は、「木で鼻をくくる」という表現に近いニュアンスがあります。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「木で鼻をくくる」について解説しました。

読み方 木で鼻をくくる(きではなをくくる)
意味 無愛想に応対すること。また、冷淡にあしらうこと。
由来 紙が貴重であった時代、鼻をかむ際に木が使われていたことから
類義語 杵で鼻をこする、取り付く島もない、にべもないなど
英語訳 blunt(無愛想な、ぶっきらぼうな),curt(素っ気ない、ぶっきらぼうな),unfriendly(友好的でない)

「木で鼻をくくる」と聞いただけでは、意味がイメージしづらいかもしれませんが、由来を知ると納得できるでしょう。木で鼻をくくったような態度は、あまりとられたくありませんね。

スポンサードリンク