「果然(かぜん)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「果然(かぜん)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「果然」の意味をスッキリ理解!

果然(かぜん):予想していた通りになるさま

「果然」の意味を詳しく

「果然」は、予想していた通りになるさまを表す熟語です。また、結果が予想していた通りであるさまも意味します。

事前の情報・知識をもとに事柄や現象を予想し、実際にその通りになるような場面で使います。「案の定」「考えていた通り」といった言葉と、言い換えることができます。

中国語でも「果然」という言葉があります。「やはり、確かに」といった意味です

スポンサードリンク

「果然」の使い方

  1. 思い切った改革をすることで評判のA氏が社長になったことで、果然として社内の古い慣習が刷新された。
  2. 果然、情報管理のずさんさが明らかになった企業は、多くの批判をあびることになった。
  3. 果然、必死に勉強することだけが、正しい人生というわけではない。
  4. 有名な監督が3年かけて制作したアニメ映画は果然、大ヒットを記録した。

➀の例文では、新しく就任した社長が評判通りの活躍を見せる様子を、「果然として」と表現しています。

➁の例文では、問題が明らかになった企業が、批判をあびることを、「果然」と言い表しています。「当然のことながら」「案の定」といった言葉と言い換えることもできます。

➂の例文では、勉強することがすべてではないということに関し、「果然」を使用しています。

➃の例文では、有名な監督が時間をかけて作り上げた作品が大ヒットすることを、「果然」と表現しています。こちらも、「当然のことながら」「案の定」といった言葉と言い換えることができます。

「果然」の語源

「果」という漢字には、「思った通り」という意味があります。一方、「然」という漢字には、「そのとおり」という意味があります。

両者の意味が組み合わさり、「果然」が「予想していた通りになるさま」を表すようになりました。

スポンサードリンク

「果然」の類義語

「果然」には以下のような類義語があります。

  • 案の定(じょう):予想通りに物事が運ぶさま
  • 下馬評(げばひょう)通り:物事が予想された通りになったさま

「果然」の対義語

「果然」には以下のような対義語があります。

  • 期待はずれ:思い描いていたことが、その通りに実現しないこと
  • 思惑(おもわく)はずれ:想定していた通りに、物事が進まないこと
  • 見込みはずれ:予想と違う結果になること
  • 見当はずれ:予想と違う結果になること
  • 見当違い:予想と違う結果になること
スポンサードリンク

「果然」の英語訳

「果然」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • as expected
    (予想していた通りに)
  • predictably
    (予想通りに)
  • not surprisingly
    (当然のことながら、予想通りに)

“as someone expected”で、「(人)の予想どおりに」という意味になります。

“Predictably, the snow didn’t begin to fall.”で、「やはり、雪が降り出すことはなかった」と訳すことができます。

まとめ

以上、この記事では「果然」について解説しました。

読み方果然(かぜん)
意味予想していた通りになるさま
語源「果」の「思った通り」、「然」の「その通り」という意味から
類義語案の定、下馬評通りなど
対義語期待はずれ、思惑はずれ、見込みはずれなど
英語訳as expected(予想していた通りに)

事前の情報・知識をもとに事柄や現象を予想し、実際にその通りになる様子を表すのが、「果然」という熟語です。聞きなれない方も多いかと思いますが、漢字・読み方自体はそれほど難しくありません。

まれに新聞などでも使用されることがあるので、しっかり意味を覚えておきましょう。

スポンサードリンク