ことわざ「活を入れる」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「活を入れる(かつをいれる)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語・英語訳について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「活を入れる」の意味をスッキリ理解!

活を入れる(かつをいれる):刺激を与えて、元気にさせること

「活を入れる」の意味を詳しく

「活を入れる」とは、「気力がない人や衰弱した人に刺激を与え、元気づける」という意味です。

「喝を入れる」と書かれることがありますが、これは誤りです。正しくは、「喝」ではなく「活」であるため、注意しましょう。

意味も、「気を抜いている人に、厳しいことを言う」と誤解されることが多いです。現代では、こちらの意味の方が浸透しています。

しかし、本来「活を入れる」とは、「元気づける」ことです。正しい意味をしっかり覚えましょう。

スポンサードリンク

「活を入れる」の使い方

  1. この頃彼女は、失恋から元気がないようだ。食事に誘って活を入れよう。
  2. 士気の下がったチームに活を入れるため、円陣を組んだ。

どちらの例文でも、「元気づける」や「活気づける」という意味で使うことが重要です。

「活を入れる」の由来

もとは、柔道の人工呼吸方である「活法」に由来します。

柔道には締め技などがあり、気を失う人もいます。気絶した人の息を吹き返さらせることを、「活を入れる」と言いました。

これが転じて、「気力などがない人を元気づける」という意味で使われるようになりました。

スポンサードリンク

「活を入れる」の類義語

活を入れるには以下のような類義語があります。

  • 有卦(うき)に入る:幸運に恵まれ、活気づくこと
  • 老い木に花咲く:衰えたものが、再び勢いづくこと

「活を入れる」の対義語

活を入れるには以下のような対義語があります。

  • 青菜に塩:元気をなくして、しょげている様子
  • 蛞蝓(なめくじ)に塩:しょげている様子
スポンサードリンク

「活を入れる」の英語訳

活を入れるを英語に訳すと、次のような表現になります。

  • give〜a pep talk
    (活を入れる)
  • breathe life into
    (活気づける)
  • encourage
    (元気づける)

give〜a pep talkは「活を入れる」という意味です。giveの後には、目的語(元気づけたい相手)を入れましょう。

pepには、「元気づける」や「活気」という意味があります。そのため、pep talkで「激励」という表現になります。「〜に激励を与える」で、「活を入れる」というフレーズとして使われます。

breathe life intoは、直訳すると「命を吹き込む」という意味です。「活を入れる」の由来である、柔道の活法に近い表現と言えます。intoの後に、目的語(元気づけたい相手)をつけましょう。

encourageは、「元気づける」や「励ます」という意味の動詞です。

まとめ

以上、この記事では「活を入れる」について解説しました。

読み方 活を入れる(かつをいれる)
意味 刺激を与えて、元気にさせること
由来 柔道の人工呼吸方に由来
類義語 老い木に花咲くなど
対義語 青菜に塩など
英語訳 give〜a pep talk(活を入れる)

「活を入れる」の意味を誤解している人は、非常に多いです。それに伴い、漢字も間違って覚えられています。正しい意味をしっかりと覚え、適切に使うことができるよになりましょう。

スポンサードリンク