「譲歩(じょうほ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「譲歩(じょうほ)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「譲歩」の意味をスッキリ理解!

譲歩(じょうほ):自分の考えを曲げて、相手の考えと折り合いをつけること

「譲歩」の意味を詳しく

「譲歩」とは、自分の考えや意見の一部もしくは全部を曲げて、相手の考えや意見とすり合わせ、互いに納得できる案に落ち着くことです。

それでは、意味を詳しく見ていきましょう。

「譲歩」の意味
  1. 自分の意見や主張よりも、相手の意見や主張に同意する。
  2. 自分の意見や主張が正論でも、相手に合わせて妥協することを選ぶ。
  3. 話し合いを続けるよりも適度な着地点を探す。
  4. 相手に譲る、自分から身を引く、等。

最も頻繁に使われるのは③の意味でしょう。議論や商談の場で、互いの意見や主張を受け入れ合い、着地点を模索して程よいバランスをとることが「譲歩」となります。

「譲歩」と「妥協」の違い

「妥協」との違いは、積極的に譲るか消極的に譲るかです。「譲歩」は自分から譲れる点を提示し、相手に歩み寄ります。対して「妥協」はお互いに譲り合って話をまとめようとすることです。

 

「譲歩」の使い方

  1. 取引先の要求を飲み、譲歩した。
  2. 長時間の話し合いの末、譲歩を勝ち取った。
  3. 店選びを譲歩した。

上記の例文のように、「譲歩」は自分が折れて相手に譲るというニュアンスで使われます。①や②のように、ビジネスシーンで使われることも多いですね。

「譲歩」の語源

「譲歩」は、”人に道を譲る”という意味から生まれ、現在の使われ方をするようになった言葉です。中国から伝わったという説もありますが、詳細は不明であるため、真偽は定かではありません。

「譲歩」の類義語

「譲歩」には以下のような類義語があります。

  • 妥協:主張が対立している場合、互いの主張を幾分か譲り合って着地点を見つけること。
  • 折衷:両方の極端を捨てて、程よいところをとること。
  • 折れる:相手に対する自分の主張をやわらげて、相手の言い分を受け容れること。

場面に応じて使い分けられるといいですね。

「譲歩」の対義語

「譲歩」には以下のような対義語があります。

  • 固執(こしゅう):自分の意見などを主張し続けること

「譲歩」の英語訳

「譲歩」の英語訳も一緒に確認しておきましょう。

英語では、日本語のように”譲る”という意味がメインではありません。「〜だが、〜けれども、〜だとしても」という言い回しそのものが、英語では「譲歩」として捉えられています。

  1. though, although:「~するけれども」という意味の接続詞です。
  2. even if, even though:「たとえ〜するとしても」という意味の接続詞です。
  3. whoever, whichever:「たとえ〜するとしても」という意味でも使われます。

①の訳ではthoughの方が口語的です。thoughは文中で用いることができたり、副詞として用いたりもします。

②の訳even if は、「仮定」をイメージした上での「たとえ~するとしても」、even though は「事実」をイメージした上での「たとえ~するとしても」です。

③の訳whoeverとwhicheverは「~する人(もの)は何でも」という意味の他にも、「たとえ~するとしても」という譲歩の意味で用いられることがあります。

まとめ

以上、この記事では「譲歩」について解説しました。

読み方譲歩(じょうほ)
意味自分の考えを曲げて、相手の考えと折り合いをつけること
語源”人に道を譲る”という意味から生まれた
類義語妥協、折衷、折れるなど
対義語固執など
英語訳though,even if,whoeverなど

いかがでしたか?正しく理解して、どんな場面でも的確に使えるようにしておきましょう。