四字熟語「自家撞着(じかどうちゃく)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「自家撞着(じかどうちゃく)」です。

言葉の意味、使い方、類義語、対義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「自家撞着」の意味をスッキリ理解!

自家撞着(じかどうちゃく):同じ人間の言動や文章に矛盾が生まれ辻褄(つじつま)が合わなくなること。また、自分で自分の言ったことに反する行動をすること。

「自家撞着」の意味を詳しく

自家撞着は、「同じ人がとった行動や、書いた文章に矛盾が生まれて辻褄が合わなくなること」「自分で自分の言動に反する行いをすること」といった意味を持っています。

「自家」も「撞着」も、日常生活であまり聞き覚えのない言葉ですよね。これらの熟語は元々は仏教用語で、「自家」は「自分」、「撞着」は「矛盾すること」「辻褄が合わないこと」を表します。

これらの言葉が組み合わさることで、「自分の言動に矛盾した行動を取ること」という意味を表すようになったのです。

スポンサードリンク

「自家撞着」の使い方

自家撞着には、以下のような使用例が挙げられます。

  1. あのときは頭に血が上っていたために、自家撞着なことを言ってしまった。
  2. 彼の理論はとても自家撞着だ。誰かが指摘してあげなければならない。
  3. 苦労してレポートを書き上げたものの、導入と結論で自家撞着してしまったため、書き直すことになった。

「自家撞着」は先述の通り、「自らの言動と矛盾する」という意味を持っているためにあまり良い意味で用いられることはありません。しかし、日常生活で使う場面は多いです。語彙として頭に留めておいて損はありません。

「自家撞着」の類義語

自家撞着には以下のような類義語があります。

  • 自己撞着(じこどうちゃく):自らの言動と矛盾した行動を取ること。
  • 自己矛盾(じこむじゅん):自らの言動に矛盾が生まれ、辻褄が合わなくなること。

これらの2語は、「自家撞着」と全く同じ意味をもっています。「矛盾」に関する表現は多く存在することがわかりますね。

スポンサードリンク

「自家撞着」の対義語

自家撞着には以下のような対義語があります。

  • 首尾一貫(しゅびいっかん):物事の最初から最後まで矛盾なく方針を貫くこと。
  • 徹頭徹尾(てっとうてつび):始まりから終わりまで、一貫して姿勢を貫くこと。
  • 初志貫徹(しょしかんてつ):始まりから終わりまで、一貫して姿勢を貫くこと。

どれも「一度決めたことを最後まで貫く」という意味の四字熟語です。「矛盾」とは対極に位置する言葉と言えますね。

「自家撞着」の英語訳

自家撞着を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • self-contradiction
    (自己矛盾)

“self” は「自分」、 “contradiction” は「矛盾」という意味を持っています。この表現を用いれば、英語圏の方にも簡単に意味が通じますね。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「自家撞着」について解説しました。

読み方 自家撞着(じかどうちゃく)
意味 同じ人間の言動や文章に矛盾が生まれ辻褄が合わなくなること。また、自分で自分の言ったことに反する行動をすること。
類義語 自己撞着、自己矛盾など
対義語 首尾一貫、徹頭徹尾、初志貫徹など
英語訳 self-contradiction(自己矛盾)など

私たち人間の脳は複雑で、様々なことを考えるために、つい矛盾した行動をとってしまうことがあります。これは仕方のないことだとも言えますが、なるべく自家撞着な言動は控えたいものですね。

スポンサードリンク