「一掃(いっそう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「一掃(いっそう)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「一掃」の意味をスッキリ理解!

一掃(いっそう):すっかり払い除くこと

「一掃」の意味を詳しく


「一掃」とは、すっかり払い除くことです。また、一度に払い去ることという意味もあります。

「一掃」は、好ましくないものをひとつ残らず払い去るというニュアンスを表します。たとえば、悪しき習慣や不安、暴力などを払い除るという場面で「一掃」という言葉を使います。

「掃」という漢字には、「掃(は)き掃除」の「はく」という意味のほかに、「はらう」「取り除く」という意味があります。
野球用語としての「一掃」

「一掃」は、野球の用語としても使われています。この場合、攻撃陣が出塁中のランナー全員をホームインさせることという意味を表します。

たとえば、攻撃側の選手がすでに2塁と3塁に出塁している場面を想定しましょう。このとき、次の打者が2塁と3塁にいた走者がどちらもホームインさせるツーベースヒットを打ったとします。このヒットを「走者一掃の二塁打」などと表現するのです。

「一掃」の使い方

「一掃」は、以下のように使うことができます。

  1. 未成年飲酒を一掃するための方法を考える。
  2. 受験生の頃、入試が近くにつれて増大する不安を一掃すべく、とにかく私は勉強をした。
  3. 中途採用で入社した彼は、これまでの幅広い経験を生かして会社の悪しき習慣を一掃させた。

①の例文では、「未成年飲酒をなくすこと」を一掃と表現しています。

②の例文では、「受験に対する不安をなくすこと」を一掃と表現しています。また、その方法がひたすらに勉強に取り組むことであったということを表しています。

③の例文では、豊富な経験を積んだ中途採用の社員が、会社の悪い習慣をまるっきり変えたという様子が伺えます。

例文に取り上げた事柄以外にも、「貧困」や「暴力」「疑惑」など、ネガティブな要素を取り除くという場面で「一掃」という言葉が使われます。

売り尽くしをしている小売店で「在庫一掃セール」という表現がされていることもあります。

「一掃」の類義語

「一掃」には以下のような類義語があります。

  • 払拭(ふっしょく):すっかり取り除くこと
  • 掃滅(そうめつ):すっかり滅ぼしてしまうこと

「払拭」は、読んで字のごとく「払(はら)い拭(ぬぐ)い去ること」という意味です。まれに、「ふっしき」と読むこともあります。また、「払拭」は、苦手意識やトラウマなどの精神的に好ましくないものを払い除くという場面で多く使われています。

「掃滅」は、かつて「剿滅」と表記されていました。なお、書き言葉として使われることが多い表現です。

「一掃」の英語訳

「一掃」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • sweep away
    (一掃する、運び去る)
  • make clean riddance of
    (〜を一掃する)
  • wipe out
    (一掃する、全滅させる、消す)

これらの慣用句を使い、「新しいプロジェクトに伴う弊害を一掃する。」という文章を作ると以下のようになります。

  • We sweep away abuses of new projects.
  • We make clean riddance of abuses with new projects.
  • We wipe out abuses of new projects.

まとめ

以上、この記事では「一掃」について解説しました。

読み方一掃(いっそう)
意味すっかり払い除くこと
類義語払拭、掃滅
英語訳sweep away(一掃する、運び去る)など

自分が苦手意識を抱いていることをすぐに「一掃」することはとても難しいですが、日々の小さな積み重ねでひとつひとつ取り除くことができます。小さな努力が、嫌なことを「一掃」することの一番の近道と言えるでしょう。

また、「一掃」は、日常的にもよく使われる言葉です。意味をきちんとおさえ、正しく使いこなせるようにしましょう。