「インスピレーション」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「インスピレーション」です。

「インスピレーション」の意味・使い方・語源・類義語について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「インスピレーション」とは?

インスピレーション(inspiration):新しい事を考え出すこと

「インスピレーション」の意味を詳しく

「インスピレーション」は、「新しい事を考え出すこと」「閃くこと」を意味するカタカナ語です。特に何かを思いつくという動作全般のことを「インスピレーション」と言います。

スポンサードリンク

「インスピレーション」の使い方

  1. 彼の映画を見てインスピレーションが沸く。
  2. インスピレーションに従って行動した結果、作品ができた。
  3. インスピレーションを研ぎ澄ます。

「インスピレーション」を使用するのは主に発想を必要とする場面です。具体的には映画やデザインなどクリエイティブな場面です。芸術作品に関する思い付きの考えについて使います。「インスピレーションが沸く」という形で使用することが一般的です。

①と③の例文で「インスピレーション」は、「新しい考えを思いつくこと」という意味です。しかしながら②の例文では異なっています。②の例文の「インスピレーション」は、「直感」という意味です。

何かに影響を受けて思いついた考えではなく、ある考えを自分が自然と思い付いたというニュアンスです。「インスピレーション」の意味同士に大きな差は無いですが、小さな意味の違いがあります。

「インスピレーション」の語源

「インスピレーション」の語源は英語の “inspiration” です。「霊感」「うまい思いつき」「鼓舞させる人」という意味があります。また、カタカナ語の「インスピレーション」と全く異なる意味として「息を吸い込む」という意味があります。

「霊感」のおかげで、自分が今まで考えられなかった考えを思いつくという意味もあります。

スポンサードリンク

「インスピレーション」の類義語

「インスピレーション」には以下のような類義語があります。

  • インスパイア:想像を掻き立てる
  • アイディア:考え
  • スケッチ:構想を組み立てること
「インスパイア」は、「想像を掻き立てる」「触発される」という意味のカタカナ語です。「インスピレーション」と「インスパイア」は似ています。どちらも語源は同じ単語です。しかし「インスパイア」は動詞が語源です。

映画や小説から影響を受けて、何かアイディアを思い付いたという時に「インスパイア」を使用します。「インスパイアを受ける」「インスパイアがある」という使い方をすることが多いです。

 

「アイディア」は「考え」という意味のカタカナ語です。日常生活でもとても多くの場面で使用されています。何かに触発されることで「アイディア」が生まれます。つまり「インスピレーション」があって「アイディア」が生まれるのです。

「アイディア」は初期段階の考えについて使用します。芸術作品に関わらずとても幅広く使います。例えば企業で商品の企画を考えたり、学校でクラスの出し物について考えたりするときに「アイディア」を使用できます。

 

「スケッチ」は「構想を組み立てる」という意味のカタカナ語です。一般的によく使う意味が絵を書くときの「スケッチ」です。ペンを用いて簡単に絵を書きます。

これと一緒で、「考えを具体的に広げる」という意味もあります。例えば何か飲食店を開こうとします。このようなお店にしたいという「インスピレーション」や「アイディア」が生まれたとしても形にしなければなりません。

お店の外観やメニューなど具体的なものを大まかに考えることを「スケッチ」と言います。

まとめ

以上、この記事では「インスピレーション」について解説しました。

英語表記 インスピレーション(inspiration)
意味 新しい事を考え出すこと
語源 英語の “inspiration”
類義語 インスパイア、アイディア、スケッチなど

「インスピレーション」は、何か作品などを作るときに必須の単語です。使いこなすと想像力も高まるかもしれません。

ぜひこの記事で「インスピレーション」の意味や使い方を理解して日常の生活で応用できるようになりましょう。

スポンサードリンク