「イノベーター」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「イノベーター」です。

「イノベーター」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「イノベーター」とは?

イノベーター(innovator):新しい作り手

「イノベーター」の意味を詳しく

「イノベーター」は、「革新家」「新しい作り手」を意味するカタカナ語です。「技術的採用者」という呼び方もします。もともとマーケティング用語です。新しい商品やサービスを1番早く受け入れる人のことを「イノベーター」と呼びます。

スポンサードリンク

「イノベーター」の使い方

  1. イノベーターが世界を良いものにする。
  2. 経済の発展には、イノベーターの存在が欠かせない。
  3. イノベーターは、巨額の富を手に入れる。

「イノベーター」を使うのは、主にビジネスや社会に関する例文です。事業を行う際には、革新的なことを行う「イノベーター」の存在が欠かせないです。社会とも密接な関係を持っています。

①の例文は、「イノベーター」のメリットを表しています。「イノベーター」は今までできなかったことや、なかったものを世間に提供します。そのため、社会が恩恵を受けて、世界が良くなります。

②の例文は、経済の発展に関する例文です。例えば、19世紀イギリスでは、産業革命が起こりました。これは、生産技術を改良した「イノベーター」の存在が大きいです。「イノベーター」によって、経済発展したことになります。

現代でも経済発展のために、革新的なことを行う「イノベーター」は貴重な存在です。③の例文は、収入に関する例文です。

「イノベーター」の語源

「イノベーター」の語源は、英語の “innovator” です。この単語は、ラテン語から来ています。ラテン語では、「中を新しくする」という意味です。既存の体制や技術の中身を刷新して新しくするということから、現在のような意味で使われるようになりました。

英語で “innovator” が今の意味で使われ始めたのは、学説がきっかけです。新しいサービスや製品が登場した時、どれだけ普及すればヒットになるかという学説がありました。その学説の中で、 “innovator” が使われたことで、普及しました。

スポンサードリンク

「イノベーター」の類義語

「イノベーター」には以下のような類義語があります。

  • アーリーアダプター: 早期採用者
  • エポックメイカー:画期的なことを行う人
「アーリーアダプター」は、「あるサービスや製品が登場した時に、それを早い段階で受け入れる人たち」という意味です。「イノベーター」と同様に学説から誕生しました。「イノベーター」と異なるのは、サービスや製品を使い始めるタイミングです。

新しいサービスや製品が登場した時、「イノベーター」が最初に採用します。「アーリーアダプター」は、その「イノベーター」の動きを見て、自ら採用をする人たちです。一般の人たちと同じく旧来の価値観を持ちつつ、新しい価値観にも敏感な人たちとも言われています。

 

「エポックメイカー」は、「新しい時代を切り開くような先進的なことを行う人」です。「イノベーター」とは、新しいことを行う点で共通しています。しかしながら、「イノベーション」と比べて意味の幅が広いです。

何か大きな偉業や、次の世代まで通用するような仕組みや発明行えば「エポックメイカー」と呼ばれます。例えば、コンピュータやスマートフォンの発明です。これらの技術によって、我々の生活は劇的に変化しました。偉業を達成した人のことを「エポックメイカー」と呼ぶことができます。

まとめ

以上、この記事では「イノベーター」について解説しました。

英語表記 イノベーター(innovator)
意味 新しい作り手
語源 英語の “innovator”
類義語 アーリーアダプター、エポックメイカーなど

「イノベーター」は、ニュースや新聞を読んでいるとよく見るカタカナ語の1つです。特に経済のニュースでは、「イノベーター」はよく出て来ます。意味が分からないと、ニュースも理解しにくいです。

ぜひ、この記事で「イノベーター」の意味や使い方を覚えて、実生活で応用できるようになりましょう。

スポンサードリンク