「アーリーアダプター」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アーリーアダプター」です。

「アーリーアダプター」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「アーリーアダプター」とは?

アーリーアダプター(early adapter ):早い段階で変化を受け入れる人

「アーリーアダプター」の意味を詳しく

「アーリーアダプター」は、初期段階や早めの段階で変化を受け入れる人たちです。例えば、スマートフォンが発明されて、開発者たちが使用を開始したとします。

その動きを見て、自分も使用しようと考えて早い段階で使い始める人たちがいます。彼らのことを「アーリーアダプター」と言います。

「アーリーアダプター」は、他の日本語では「早期採用者」「初期採用者」「初期少数採用者」とも言います。また、彼らは常識的な価値観を持ちながら、新しい物やサービスに対して好奇心を持っています。

スポンサードリンク

「アーリーアダプター」の使い方

  1. サービスが世間に受け入れられるかどうかは、アーリーアダプターに掛かっている。
  2. アーリーアダプターは、オタクに多い。
  3. アーリーアダプターにレビューしてもらう。

「アーリーアダプター」を使用するのは社会について言及するときです。特に、マーケティングなど新しい物やサービスについて考える時によく使います。

 

「アーリーアダプター」の語源

「アーリーアダプター」の語源は英語の “early adapter” です。”early” は「早い」という意味です。 “adapter” は、「適応者」という意味なので、「早期適応者」という意味になるのです。

スタンフォード大学のロジャースという人物が1962年に “early adapter” を使い始めました。彼は、モノやサービスを使い始める人々には段階があると言った人です。その段階のうちの1つが “early adapter” なのです。

スポンサードリンク

「アーリーアダプター」の類義語

「アーリーアダプター」には以下のような類義語があります。

  • マニア:熱狂者
「マニア」は、熱狂者という意味のカタカナ語です。特に自分の好きなことに対して、とても敏感な人たちです。例えば好きな鉄道があれば、その鉄道に関するグッズやニュースは全てチェックしています。

「アーリーアダプター」と同じように、とても好奇心がある人たちです。しかしながら、「アーリーダプター」のように「早めにサービスを使い始める人」というようなニュアンスはありません。

まとめ

以上、この記事では「アーリーアダプター」について解説しました。

英語表記 アーリーアダプター(early adapter )
意味 早い段階で変化を受け入れる人
語源 英語の “early adapter ”
類義語 マニアなど

アーリーアダプター」は、ビジネスをやっている人ならばお馴染みの単語です。しかしながら、普通に暮らしている人たちにとっては難しい単語です。

ぜひともこの記事で「アーリーアダプター」の意味や使い方を覚えて、実生活で使いこなせるようになりましょう。

スポンサードリンク