故事成語「春宵一刻値千金」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「春宵一刻値千金(しゅんしょういっこくあたいせんきん)」です。

この言葉はとてもリズムがいい言葉ですよね。ついつぶやきたくなってしまいます。

 

そして、小説などには出てくることがあります。

出てきた時に意味が分からないと、読む手が止まってしまいますよね。

そこで、「春宵一刻値千金」の意味、由来、例文、類義語、英訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「春宵一刻値千金」の意味をスッキリ理解!

春宵一刻値千金:春の夜は趣深く、その時間はとても価値があるということ

「春宵一刻値千金」の意味を詳しく

「春宵一刻値千金」とは、春の夜は趣深く、その時間はとても価値があるということです。

ちなみに、「一刻」とはわずかな時間のことです。

具体的には、昔の一時の4分の1で、30分のことです。

 

また、「」は本来は「直」と表記されます。

そして、「千金」とは千両のことで、大金の例えです。

 

ちなみに、「春宵一刻値千金」は日本では春の夜のすばらしさを表す句です。

しかし、中国では男女の恋の気持ちを表す時に用いられます。

スポンサードリンク

「春宵一刻値千金」の由来

「春宵一刻値千金」の出典は蘇軾(そしょく)の『春夜』という詩です。

この詩は「春宵一刻値千金、花に清香(せいこう)有り、月に陰有り 。歌管楼台声細細(かかんろうだいこえさいさい)、鞦韆院落夜沈沈(しゅうせんいんらくよるしんしん)」というものです。

これは、「春の夜は、ひとときでも千金の値があると思えるほどすばらしい。花は清らかに香り、月はおぼろにかすんでいる。歌声や楽器の音が鳴り響いていた楼閣も、今はかすかに聞こえるのみで、ブランコのある中庭では、夜が静かにふけてゆく」という意味になります。

蘇軾

蘇軾は、中国の北宋の時代の政治家、詩人、書道家です。

彼は北宋最大の詩人とされ、書道でも高い評価を与えられています。

「春宵一刻値千金」の例文

  1. あまりにも夜桜が美しいので、「春宵一刻値千金」という言葉が思い浮かんだ。
スポンサードリンク

「春宵一刻値千金」の類義語

「春宵一刻値千金」には以下のような類義語があります。

  • 一刻千金(いっこくせんきん)

「春宵一刻値千金」の英語訳

「春宵一刻値千金」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • a moment of time in a spring evening is worth a thousand pieces of gold
    (春の夜の一瞬は、金1000粒の価値がある)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「春宵一刻値千金」について解説しました。

読み方 春宵一刻値千金(しゅんしょういっこくあたいせんきん)
意味 春の夜は趣深く、その時間はとても価値があるということ
由来 蘇軾の「春夜」という詩から
類義語 一刻千金
英語訳 a moment of time in a spring evening is worth a thousand pieces of gold

「春宵一刻値千金」はとても風流な言葉だったんですね。

スポンサードリンク