四字熟語「百戦錬磨(ひゃくせんれんま)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「百戦錬磨(ひゃくせんれんま)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「百戦錬磨」の意味をスッキリ理解!

百戦錬磨(ひゃくせんれんま):多くの戦いや経験によって鍛えられること。また、それらの経験の結果、物事を処理する能力をもっていること。

「百戦錬磨」の意味を詳しく

百戦錬磨とは、「実際の多くの戦いを通じて、鍛え磨き上げられること」です。

また、様々な経験をすることによって技術や才能、そして能力が向上することから、百戦錬磨は「経験が豊富で物事を対処する能力が高いこと」も表します。

 

百戦錬磨は、「百戦」と「錬磨」の二つの熟語に分けて解釈することが出来ます。

「百戦」は、多くの戦いや経験のことを意味します。

また、「錬磨」とは鍛えて磨き上げるという意味の熟語です。なお、「錬磨」を「練磨」と書き換えることも出来ます。

スポンサードリンク

「百戦錬磨」の使い方

  1. 彼は百戦錬磨の強者である。
  2. 百戦錬磨の先輩が新人に負けてしまったとは、信じられない。
  3. この道では百戦錬磨を経てきたので、誰にも負けない自信がある。

「百戦錬磨」の類義語

百戦錬磨には以下のような類義語があります。

  • 千軍万馬(せんぐんばんば):数多くの戦いを経験していること。転じて、社会経験や人生経験が豊富であること。
  • 海千山千(うみせんやません):世の中で様々な経験を積み、世間の裏側も知り尽くしたために、ずる賢いこと。
  • 飽経風霜(ほうけいふうそう):世の中の苦味も味わい、世渡り上手でしたたかであること。

「千軍万馬」は、百戦錬磨と同じ意味を表しています。

なお、「せんぐんまんば」と読むのは誤りです。

 

「多くの経験を通じたために、世の中の裏面や苦労を知っている」という場面で「海千山千」や「飽経風霜」を使います。

「ずる賢い」という意味や「したたかである」という意味が含まれているため、基本的に肯定的な意味合いとしては使用されません。

スポンサードリンク

「百戦錬磨」の英語訳

百戦錬磨を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • battle-harden
    (戦いで鍛えられた)
  • veteran
    (熟練した人)

“veteran” は日本語でも使われるように熟練したベテランのことです。これは、「多くの経験をした人」に限って表す訳であると言えます。

まとめ

以上、この記事では「百戦錬磨」について解説しました。

読み方百戦錬磨(ひゃくせんれんま)
意味多くの戦いや経験によって鍛えられること
類義語千軍万馬、海千山千、飽経風霜など
英語訳battle-harden(戦いで鍛えられた)

百戦錬磨は「多くの経験によって向上すること」という良い意味で使用されますが、今回ご紹介したように、類義語の中でも褒め言葉としては適さない四字熟語があります。

似ている言葉でも、些細な意味合いの違いを理解することによって、使える言葉の幅がぐっと広がりますね。

スポンサードリンク