故事成語「船に刻みて剣を求む」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「船に刻みて剣を求む(ふねにきざみてけんをもとむ)」です。

この故事成語の由来はとても間抜けな話ですが、とても示唆に富んだ話でもあります。

ぜひ知っておきたいところです。

そこで、「船に刻みて剣を求む」の意味、由来、例文、類義語、英訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「船に刻みて剣を求む」の意味をスッキリ理解!

船に刻みて剣を求む:古い考えやしきたりにこだわり、時代の移り変わりに気づかないことのたとえ

「船に刻みて剣を求む」の意味を詳しく

「船に刻みて剣を求む」とは、古い考えやしきたりにこだわり、時代の移り変わりに気づかないことのたとえです。

「舟(ふね)に刻(こく)して剣を求む」「剣を落として剣を刻む」「刻舟(こくしゅう)」と表記されることもあります。

スポンサードリンク

「船に刻みて剣を求む」の由来

「船に刻みて剣を求む」の出典は『呂氏春秋(りょししゅんじゅう)』の「察今」という章です。

詳しく見ていきましょう。

 

中国の楚(そ)の国で、乗っている舟から剣を落とした人がいました。

彼は、後で探す時の目印とするため、舟べりに印をつけました。

そして、岸についた後で目印の下を探しましたが、剣は見つかりませんでした。

よく考えたら当たり前の話ですね。

 

そして、この話は古代の政治を理想とし、手本とする儒家を批判した側面があります。

古い法律制度で国を治めるのは上の話と同じことだからです。

時代が変わっているのに法律が変わらないままでは、国を治めるのが難しくなるのも当たり前だと言っているのです。

『呂氏春秋』

『呂氏春秋』とは、中国の秦末に完成した百科事典的な書物です。

中国の古代を研究する上で重要な書物だと言われています。

「船に刻みて剣を求む」の例文

  1. 彼の行動は船に刻みて剣を求むようなものだ。
  2. 時代が変わっても法律が変わらないのは、船に刻みて剣を求むようなものだ。
  3. 古い考えにこだわって変革を恐れるのは、船に刻みて剣を求むようなものだ。
スポンサードリンク

「船に刻みて剣を求む」の類義語

「船に刻みて剣を求む」には以下のような類義語があります。

  • 株を守りて兎を待つ

「船に刻みて剣を求む」の英語訳

「船に刻みて剣を求む」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Foolish it is to ignore that times are changing.
    (時代が変わっていくのを無視するのは愚かなことだ)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「船に刻みて剣を求む」について解説しました。

読み方 船に刻みて剣を求む(ふねにきざみてけんをもとむ)
意味 古い考えやしきたりにこだわり、時代の移り変わりに気づかないことのたとえ
由来 楚の国の人が移動する舟の上から剣を落としたのに、舟べりに刻んだ目印をもとに剣を探そうとしたことから
類義語 株を守りて兎を待つ
英語訳 Foolish it is to ignore that times are changing

「船に刻みて剣を求む」のはとても間抜けですが、現実にも似たようなことが起こっています。

気を付けていきたいですね。

スポンサードリンク